黒夢【TELL 】の歌詞とAIによる歌詞の考察

  1. ホーム
  2. 歌詞とAIによる考察
  3. 黒夢【TELL 】の歌詞とAIによる歌詞の考察

歌詞とAIによる歌詞の考察(この歌詞はどういう思いだと感じますか?)を載せていきます。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。

目次

歌詞

TELL 

作詞:清春 作曲:人時 編曲:黒夢・土方隆行

Please Tell Me BABY 気怠いSWAP
NEWSにもならない CRYING


夢が散らばる姿を見た
何者も寄せつけない様に


Please Tell Me BABY 信じないけど
届いたのは「運命」とかで


夢が逃げてく姿を見た
遠回りするチャンスの様に


僕という人間から「臆病さ」を抜き取って
そこに残された物は正直というパカを見る言葉?


Please Tell Me BABY 解ってるね
最後には誰が笑うの?


夢が恥じらう姿を見た
神様がなすりつける様に


僕という人間から欲の皮をはぎ取って
いずれ剥き出しになった正直というバカ見る言葉
君という人間には無感情さを付け足して
そこに現れた物は「偽善」というバカ見せる言葉


僕という人間が作られないのを自覚したい
自分で選び出した 自分で話しかけた
君という人間が作られてるのをぶちまけたい
見苦しくてもそれは正直という当たり前の僕さ


Uh Uh-YEAH

AIによる歌詞の考察

上記の歌詞全体を見てAIが感じたことを聞きました。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。ほぼ原文です。意味が分からない部分もそのまま載せています。

この歌詞は、作者が自分自身や他人に対して抱く内省的な感情や矛盾した思いを表現しています。以下に詳細な考察を述べます。

最初の節では、「Please Tell Me BABY 気怠いSWAP NEWSにもならない CRYING」というフレーズが繰り返されています。この表現は、作者が何かしらの情報や回答を求めている様子を描写していますが、それが果たされず、絶望的な気持ちを抱いていることを示しています。また、「NEWSにもならない」というフレーズは、彼らの感情や出来事が注目されないことを嘆いていることを示唆しています。

次の節では、作者が夢や目標を持っているものの、それらが散り散りになっている様子が描かれています。彼らは自分自身や他の人々から何者も寄せ付けない存在になりたいと願っています。これは、作者が独自のアイデンティティを追求し、他人からの影響や制約を受けずに自由に生きたいという思いを反映しています。

「届いたのは『運命』とかで」というフレーズは、作者が信じたくない運命や宿命的な出来事に直面していることを示しています。彼らは自分の人生を運命や偶然の産物として捉えることに疑問を抱いており、運命論に対する不信感を表現しています。

さらに、次の節では「臆病さ」という特質を持つことから解放された作者が、残されたものが「正直」という特性であることを言及しています。このフレーズは、自分自身の欠点や弱さを克服し、正直さを持つことの重要性を示しています。

その後の節では、作者が夢や欲望を恥じる姿を見ると述べています。また、「神様がなすりつける様に」というフレーズは、彼らが外部の力や環境によって夢や欲望を抑えられることを感じていることを示唆しています。

さらに、作者は「偽善」という言葉を使って、他人や自分自身に対して無感情さや偽善的な態度を持つことを嫌悪しています。彼らは他人との関係や自己表現において、真摯さや素直さを重要視しています。

最後に、作者は自分自身と他人に対して、作られることや他人の期待に応えることを拒絶し、自己を自由に選択することを望んでいます。彼らは自己表現や自己認識の中で「正直さ」を追求し、自分らしさを貫きたいという思いを持っています。

全体的に見ると、この歌詞は作者が内省的であり、自分自身や他人との関係、夢や欲望、真摯さといったテーマについて矛盾や葛藤を抱えていることを表現しています。彼らは自己を見つけ、自己表現を追求するために、他人や社会の制約から解放されることを望んでいるようです。

Please Tell Me BABY 気怠いSWAP NEWSにもならない CRYING はどういう思いだと感じますか?

「Please Tell Me BABY 気怠いSWAP NEWSにもならない CRYING」というフレーズは、作者が孤独や無力感、失望感を抱いていることを表現しています。

「Please Tell Me BABY」は、作者が何かしらの回答や支えを求めていることを示しています。彼らは困惑や悲しみの中で、誰かに対話や助言を求めています。このフレーズは、作者が自身の感情や状況について他人に話し、理解してもらいたいという願望を表現しています。

「気怠いSWAP NEWSにもならない CRYING」という部分は、作者の内面的な感情や苦悩が描かれています。彼らは気力が低下し、やる気や活力を感じない状態にあることを示しています。また、「NEWSにもならない」というフレーズは、作者の感情や状況が周囲には注目されず、重要視されないことを表現しています。彼らは自分の内面的な葛藤や苦しみが他人には理解されにくいと感じているようです。

「CRYING」という言葉は、作者が絶望や悲しみを抱えていることを示唆しています。彼らは自分自身や周囲の出来事に対して深い悲しみを感じており、その感情を抑えきれずに涙を流していることを表現しています。

全体として、「Please Tell Me BABY 気怠いSWAP NEWSにもならない CRYING」は、作者が自身の感情や状況に対して孤独感や無力感を抱いており、他人からの理解や支えを求めていることを表現しています。彼らは自分の内面的な葛藤や苦しみを他人に伝えることで、救いや共感を得たいと願っているようです。

夢が散らばる姿を見た 何者も寄せつけない様に はどういう思いだと感じますか?

「夢が散らばる姿を見た 何者も寄せつけない様に」というフレーズは、作者が自分自身や他人に対して強い防御心や隔離感を抱いていることを表現しています。

「夢が散らばる姿を見た」という部分は、作者が夢や目標を持っているものの、それらが破れ散ってしまった様子を描写しています。彼らは失望や挫折を経験し、自分の夢が現実には叶わないことを目の当たりにしたようです。

「何者も寄せつけない様に」というフレーズは、作者が自身を守るために他者を拒絶していることを示唆しています。彼らは自分自身の傷つきやすさや過去の経験から、他人からの近づきを避け、心を固く閉ざしている様子が伺えます。このフレーズは、作者が自己防衛のために壁を築いていることや孤立感を抱いていることを表現しています。

全体として、「夢が散らばる姿を見た 何者も寄せつけない様に」は、作者が過去の失敗や傷つきから学び、自己保護のために他人との距離を置いていることを表現しています。彼らは自分の夢や感情を守りつつ、周囲からの侵入や干渉を避けて自己を守ろうとしているようです。

Please Tell Me BABY 信じないけど 届いたのは「運命」とかで はどういう思いだと感じますか?

「Please Tell Me BABY 信じないけど 届いたのは『運命』とかで」というフレーズは、作者が運命や偶然に対して複雑な思いを抱いていることを表現しています。

「Please Tell Me BABY」は、作者が何かしらの回答や真実を求めていることを示しています。彼らは信じたくはないが、自身の状況や出来事に対して説明や意味を見つけたいと願っています。このフレーズは、作者が迷いや疑問を抱えつつも、何かしらの答えを探求していることを表現しています。

「信じないけど 届いたのは『運命』とかで」という部分は、作者が届いた結果や出来事を偶然や運命として受け入れざるを得ない状況にあることを示しています。彼らは自分の信念や理解に反するような偶然の結びつきを経験し、その中に運命的な意味を見出していますが、同時にそれに対して疑問や不信感も抱いているようです。

全体として、「Please Tell Me BABY 信じないけど 届いたのは『運命』とかで」は、作者が回答や真実を求めながらも、運命や偶然の存在に複雑な思いを抱いていることを表現しています。彼らは自身の信じるものと届いた出来事の整合性に悩みつつも、何かしらの意味や解釈を見出そうとしています。

夢が逃げてく姿を見た 遠回りするチャンスの様に はどういう思いだと感じますか?

「夢が逃げてく姿を見た 遠回りするチャンスの様に」というフレーズは、作者が夢や目標を追いかける過程で遭遇する困難や挫折を経験し、それに対して希望や再チャンスを見出す思いを表現しています。

「夢が逃げてく姿を見た」という部分は、作者が夢や目標を追いかける中で、それがどんどん遠ざかっていく様子を描写しています。彼らは夢が手に届かないと感じ、失望や挫折を経験していることが伺えます。

「遠回りするチャンスの様に」というフレーズは、作者が困難や逆境を乗り越えるための新たな機会や道を見つけたことを示唆しています。彼らは夢に向かう道が直線的ではなく、遠回りや迂回することが必要な場合でも、その中にチャンスや成長の可能性を見出しているようです。このフレーズは、作者が挫折や困難に立ち向かいながらも、希望や再出発の兆しを見出す思いを表現しています。

全体として、「夢が逃げてく姿を見た 遠回りするチャンスの様に」は、作者が夢や目標を追いかける過程での困難や挫折を経験しつつも、それに立ち向かい、新たな道や機会を見出そうとする思いを表現しています。彼らは挫折を経て成長し、遠回りや困難も受け入れながら、夢への道を踏み出そうとしているようです。

僕という人間から「臆病さ」を抜き取って そこに残された物は正直というパカを見る言葉? はどういう思いだと感じますか?

「僕という人間から『臆病さ』を抜き取って そこに残された物は正直というパカを見る言葉?」というフレーズは、作者が自己の臆病さや恐れを克服し、その結果として残るものが真実や正直さであることを表現しています。

このフレーズは、作者が自身の臆病さや内なる恐れに向き合って取り組んでいることを示しています。彼らは自分自身から臆病さを取り除くことを試みており、その結果、真実や正直さが露わになることを期待しています。

「そこに残された物は正直というパカを見る言葉?」という部分は、作者が臆病さを取り払った自分自身に対して、真実や正直さが備わることを確認しようとしていることを示しています。彼らは自己探求や成長の過程で、自身の本質的な価値や真実を見つけ出し、それを表現する言葉を模索しているようです。

全体として、「僕という人間から『臆病さ』を抜き取って そこに残された物は正直というパカを見る言葉?」は、作者が自己の臆病さに向き合い、それを乗り越えた先に真実や正直さがあることを探求している思いを表現しています。彼らは自分自身の内なる弱さを克服し、真実や正直さを追求することで、自己の本質や価値を明らかにしようとしているようです。

Please Tell Me BABY 解ってるね 最後には誰が笑うの? はどういう思いだと感じますか?

「Please Tell Me BABY 解ってるね 最後には誰が笑うの?」というフレーズは、作者が他人や状況によってもたらされる結果や結末について疑問や複雑な思いを抱いていることを表現しています。

「Please Tell Me BABY」は、作者が他者に対して何かしらの回答や真実を求めていることを示しています。彼らは自身の疑問や不確かさを他人に伝え、それに対する理解や解答を得たいと願っています。

「解ってるね 最後には誰が笑うの?」という部分は、作者が結果や結末についての疑問や懸念を抱いていることを示唆しています。彼らは、最終的にはどの人物が成功し、幸せを手にするのかについて考えています。このフレーズは、作者が自分自身や他人に対して、将来の結果や成果に対する不確かさや競争心を抱いていることを表現しています。

全体として、「Please Tell Me BABY 解ってるね 最後には誰が笑うの?」は、作者が結果や結末に対しての疑問や不確かさを持ち、他者や状況によってもたらされる未来について考えている思いを表現しています。彼らは成功や幸せについての競争や結果を意識し、それに対して不安や疑問を抱いているようです。

夢が恥じらう姿を見た 神様がなすりつける様に はどういう思いだと感じますか?

「夢が恥じらう姿を見た 神様がなすりつける様に」というフレーズは、作者が自身の夢や野望に対しての矛盾や罪悪感を感じていることを表現しています。

「夢が恥じらう姿を見た」という部分は、作者が自身の夢や野望に対して恥じたり、後ろめたさを感じている様子を描写しています。彼らは自身の夢が大きすぎたり、他人と比較して達成できないと感じていることが伺えます。

「神様がなすりつける様に」というフレーズは、作者が神や運命、環境から自身の夢や野望を押し付けられているような感覚を抱いていることを示唆しています。彼らは外部からの圧力や期待によって夢が押し付けられ、それに応えられない自分自身に対して罪悪感を抱いているようです。

全体として、「夢が恥じらう姿を見た 神様がなすりつける様に」は、作者が自身の夢や野望に対しての矛盾や罪悪感を抱いていることを表現しています。彼らは自身の夢に対して後ろ向きな感情を抱え、外部からの期待や自己評価との間で葛藤を抱えているようです。

僕という人間から欲の皮をはぎ取って いずれ剥き出しになった正直というバカ見る言葉 君という人間には無感情さを付け足して そこに現れた物は「偽善」というバカ見せる言葉 はどういう思いだと感じますか?

「僕という人間から欲の皮をはぎ取って いずれ剥き出しになった正直というバカ見る言葉 君という人間には無感情さを付け足して そこに現れた物は『偽善』というバカ見せる言葉」というフレーズは、作者が自己や他人に対しての矛盾や嘘っぽさを感じていることを表現しています。

「僕という人間から欲の皮をはぎ取って いずれ剥き出しになった正直というバカ見る言葉」という部分は、作者が自分自身から欲望や欲求を取り除き、素直さや真実の姿になることを目指していることを表現しています。彼らは自己を省み、自己中心的な欲望から解放された先に真実や正直さがあると考えています。しかしながら、自身がそのようになったことに対して「バカ」と呼ぶことで、自虐的な感情や矛盾を抱えていることも伺えます。

「君という人間には無感情さを付け足して そこに現れた物は『偽善』というバカ見せる言葉」というフレーズは、作者が他人である「君」という存在に対して無感情さや冷淡さを押し付けることで、その中に現れるものが「偽善」という嘘っぽさであると感じていることを表現しています。彼らは他人の無感情さや偽善に対して嫌悪感を抱き、そのような言葉でそれを批判しているようです。

全体として、「僕という人間から欲の皮をはぎ取って いずれ剥き出しになった正直というバカ見る言葉 君という人間には無感情さを付け足して そこに現れた物は『偽善』というバカ見せる言葉」というフレーズは、作者が自己や他人に対しての矛盾や嘘っぽさを感じ、その葛藤や嫌悪感を表現しています。彼らは真実や正直さを追求する一方で、自己や他人の欠点や矛盾に苛立ちを感じているようです。

僕という人間が作られないのを自覚したい 自分で選び出した 自分で話しかけた 君という人間が作られてるのをぶちまけたい 見苦しくてもそれは正直という当たり前の僕さ Uh Uh-YEAH はどういう思いだと感じますか?

「僕という人間が作られないのを自覚したい 自分で選び出した 自分で話しかけた 君という人間が作られてるのをぶちまけたい 見苦しくてもそれは正直という当たり前の僕さ Uh Uh-YEAH」というフレーズは、作者が自己の真実やアイデンティティを追求し、他人との差異や自己のあり方に対して自覚を持ちたいという思いを表現しています。

「僕という人間が作られないのを自覚したい」という部分は、作者が自分自身が他人や社会の影響や期待によって形成されるのではなく、自己の意思に基づいて存在したいと願っていることを示しています。彼らは自己の真実や本質を自覚し、それを受け入れたいと考えています。

「自分で選び出した 自分で話しかけた」というフレーズは、作者が自己の道を自ら選び、自分自身と対話することでアイデンティティを形成したいという意思を表現しています。彼らは自己の価値や目標を自覚し、自らの意思でそれに向かって歩みたいと願っています。

「君という人間が作られてるのをぶちまけたい 見苦しくてもそれは正直という当たり前の僕さ」という部分は、作者が他人の偽りや表面的な存在を批判し、真実や本音を表現したいという思いを示しています。彼らは他人や社会の期待に囚われず、自分自身の真実やあり方を見せたいと考えています。そして、それが見苦しいとしても、それは自己の正直さや本来の姿だと述べています。

「Uh Uh-YEAH」というフレーズは、独自のアイデンティティや自己の存在に対する確信や自信を表現しています。作者は自己の真実を受け入れ、自分自身を表現することに前向きなエネルギーを感じているようです。

全体として、「僕という人間が作られないのを自覚したい 自分で選び出した 自分で話しかけた 君という人間が作られてるのをぶちまけたい 見苦しくてもそれは正直という当たり前の僕さ Uh Uh-YEAH」というフレーズは、作者が自己の真実やアイデンティティを自覚し、他人や社会の期待に縛られることなく、自己を表現したいという強い思いを表現しています。彼らは自分自身の存在を肯定し、自己の真実を追求する意志を持っているようです。

おわり

AIによる歌詞の考察とあなたが思う考察にどれぐらい相違がありましたか?

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。