黒夢【終幕の時】の歌詞とAIによる歌詞の考察

  1. ホーム
  2. 歌詞とAIによる考察
  3. 黒夢【終幕の時】の歌詞とAIによる歌詞の考察

歌詞とAIによる歌詞の考察(この歌詞はどういう思いだと感じますか?)を載せていきます。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。

歌詞

終幕の時

詞/清春 曲/臣 編曲/黒夢

愛していた あの時が昔に見える
夢から覚めれば、又 そこは夢だった

跪いて 目線は相手のつま先
なめ回した 夢から覚めない様に

SHOW END TIME 解り合えないと
                        諦めていたね

夢から覚めれば、又 そこは夢だった
ただ、くり返すだけの夢じゃない夢

あらわにされた、立場違いの ねじ伏せ
運命どうり変えられぬ 貴方は寒い

SHOW END TIME 解り合えないと
                        諦めていたね
                        幕が降りる時
                        諦め切ったね

LA LA LA…

夢から覚めれば、又 そこは夢だった
ただ、くり返すだけの

SHOW END TIME 貴方になれたら
          全て解るのに…
                        刻み込められる
        終幕の時を

AIによる歌詞の考察

上記の歌詞全体を見てAIが感じたことを聞きました。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。ほぼ原文です。意味が分からない部分もそのまま載せています。

この歌詞は、曲の主人公が過去の恋愛を思い出し、今とは異なる立場に立たされているという不満や複雑な気持ちを表現しています。また、夢のような恋愛から目覚め、現実に戻ったという錯覚にも触れています。また、「SHOW END TIME」というフレーズが繰り返されることから、彼女がこの恋愛を終わりにしたいと望んでいることが伝わっています。さらに、「解り合えないと諦めていたね」というフレーズから、彼女が理解できない相手とのことがあり、そのために諦めてしまったということも伝わっています。

愛していた あの時が昔に見える 夢から覚めれば、又 そこは夢だった この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、曲の主人公が過去の恋愛を思い出し、懐かしい思い出として遠ざかっていったことを悲しむという気持ちを表現しています。また、「夢から覚めれば、又 そこは夢だった」というフレーズから、彼女が夢のような恋愛だったことを認識し、現実に戻ったという錯覚にも触れています。このような歌詞から、彼女が過去の恋愛に対して哀しい気持ちを抱いていることが伝わっています。

跪いて 目線は相手のつま先 なめ回した 夢から覚めない様に この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、曲の主人公が過去の恋愛に対して懐かしい気持ちを抱き、また夢のような恋愛に戻りたいと望んでいることを表現しています。「跪いて」「目線は相手のつま先」というフレーズから、彼女が相手に対して強い憧れや崇拝の気持ちを抱いていることが伝わっています。また、「なめ回した」「夢から覚めない様に」というフレーズから、彼女がこの恋愛に対して強い希望を抱いていることも示されています。このような歌詞から、彼女が過去の恋愛に対して強い思いを持っていることが伝わっています。

SHOW END TIME 解り合えないと 諦めていたね この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、曲の主人公が過去の恋愛において、相手との認識の違いから解決の見込みがないと感じ、そのために諦めてしまったことを表現しています。「SHOW END TIME」「解り合えないと」というフレーズから、彼女は恋愛において時間とともに解決が見込まれないと感じていることが示されています。「諦めていたね」というフレーズから、彼女はその認識の違いから諦めてしまったことを振り返っていることが伝わっています。このような歌詞から、彼女は過去の恋愛に対して諦めの気持ちも持っていることが伝わっています。

夢から覚めれば、又 そこは夢だった ただ、くり返すだけの夢じゃない夢 この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、主人公が過去の恋愛に対して、それが本当の恋愛であったか、夢だったかという疑問を持っていることを示しています。「夢から覚めれば、又 そこは夢だった」というフレーズから、彼女は過去の恋愛が現実ではなかったことを再認識していることが示されています。「ただ、くり返すだけの夢じゃない夢」というフレーズから、彼女は望むべき真実の恋愛を望んでいることが伝わっています。このような歌詞から、彼女は過去の恋愛に対して、それが本当の恋愛であったか否かに対する疑問や望みを持っていることが示されています。

あらわにされた、立場違いの ねじ伏せ 運命どうり変えられぬ 貴方は寒い この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、主人公が過去の恋愛に対して、運命や立場の違いが大きな障害となっていたことを表しています。「あらわにされた、立場違いの ねじ伏せ」というフレーズから、主人公が立場の違いが二人の関係に大きな影響を与えていたことが示されています。「運命どうり変えられぬ」というフレーズから、主人公が運命を変えられないことを認識していることが示されています。また、「貴方は寒い」というフレーズから、主人公が彼の気持ちが冷たいことを感じていることが伝わっています。このような歌詞から、主人公は過去の恋愛に対して、立場の違いや運命が大きな障害となっていたことに対して悲しみや不満を持っていることが示されています。

SHOW END TIME 解り合えないと 諦めていたね 幕が降りる時 諦め切ったね この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞からは、詞にもとづいて把握することができるように、歌手は恋愛関係において理解を得られないと諦めていたという気持ちが伝わってきます。また、その恋愛関係が終わりを迎えた時には、完全に諦め切ったということも表されています。

SHOW END TIME 貴方になれたら 全て解るのに… 刻み込められる  終幕の時を この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、別れた恋人に対する想いや、解り合えなかった思いを表していると思われます。「SHOW END TIME」というフレーズからも、終わりが近づいていること、そして解決しなかった問題や想いが残り続けることが描かれています。「貴方になれたら全て解るのに」という部分からも、別れた恋人と再会した時に全てが解決すると望んでいるという想いが感じられます。

おわり

AIによる歌詞の考察とあなたが思う考察にどれぐらい相違がありましたか?

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。