黒夢【SPOON & CAFFEINE】の歌詞とAIによる歌詞の考察

  1. ホーム
  2. 歌詞とAIによる考察
  3. 黒夢【SPOON & CAFFEINE】の歌詞とAIによる歌詞の考察

歌詞とAIによる歌詞の考察(この歌詞はどういう思いだと感じますか?)を載せていきます。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。

目次

歌詞

SPOON & CAFFEINE 

作詞:清春 作曲:人時 曲:黒夢

BABY 使い回したセリフ 僕に見せてくれないか
そう 化けの皮をかぶり こよなく騙してほしい


You are foolish nice Guy
頼りないワイロで
You are stylish nice Guy
詐欺まがいの Playing


Making 誰にでも歌える Sampleみたいな歌が
大衆性を振りまいて 夜を賢く襲ってる


You are nightless worker
愛想ばかりのSENSE
You are sleepless tricker
Oh FUCK!!


多量のCAFFEINEで 奴等を飲み込め
SPOONに写ってた 全ては NO NO NO


多量のCAFFEINEで 眠りを飲み込め
SPOONでかき混ぜた 頭は NO NO NO


まるで論外だね 人の娯楽のため
何も残らないね 台無しで終わるさ


多量のCAFFEINEで 奴等を飲み込め
SPOONに写ってた 全ては NO NO NO


多量のCAFFEINEで 眠りを塗り替える
SPOONでかき混ぜた 答えは NO NO NO


SPOONとCAFFEINEで 両目をこじ開けろ
真実は僕の手に 掴んだ NO NO NO

AIによる歌詞の考察

上記の歌詞全体を見てAIが感じたことを聞きました。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。ほぼ原文です。意味が分からない部分もそのまま載せています。

この歌詞は、鋭い観察眼を持つ人物が、他人を騙したり操作したりすることに関してのメッセージを伝えています。”BABY 使い回したセリフ”や”化けの皮をかぶり”というフレーズは、誰かを欺き、騙すことによって自己を守りながら生きている様子を表現しています。

歌詞の中で “You are foolish nice Guy” や “頼りないワイロで” というフレーズは、相手を軽蔑しながらも、その相手が騙すことに成功していることを認めているようなニュアンスが感じられます。”You are stylish nice Guy” や “詐欺まがいの Playing” というフレーズは、騙すことを上手に行っていることを指していますが、同時にそれが詐欺や悪質な行為に近いことを暗示しています。

“Making 誰にでも歌える Sampleみたいな歌が” というフレーズは、大衆に受け入れられるような曲やメロディが、人々の心を巧みに操り、夜の社交界で人気を集めていることを表しています。

“多量のCAFFEINEで 奴等を飲み込め” や “SPOONに写ってた 全ては NO NO NO” というフレーズは、多量のカフェインを摂取し、現実から逃避することで、自分自身や他人を欺こうとしていることを表現しています。”眠りを塗り替える” や “頭は NO NO NO” というフレーズは、眠りを奪い、現実から逃れることで、真実や現実逃避を拒絶していることを示唆しています。

最後のフレーズである “SPOONとCAFFEINEで 両目をこじ開けろ” や “真実は僕の手に 掴んだ NO NO NO” は、自己の視点や真実を明らかにしようとする意思を表しています。この歌詞は、一見すると他人を騙す行為を美化しているようにも受け取れますが、実際には欺瞞や現実逃避の限界を指摘し、真実を追求することの重要性を訴えていると言えるでしょう。

BABY 使い回したセリフ 僕に見せてくれないか そう 化けの皮をかぶり こよなく騙してほしい はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞から感じる思いは、自己を守るために他人を騙す行為に対する欲求や依存が表現されています。”BABY 使い回したセリフ”というフレーズは、他人に対して繰り返し同じ言葉やセリフを使って騙すことを指しています。そして、「僕に見せてくれないか」という問いかけは、その行為や手法を見せてもらいたいという願望や、他人によって騙されることに対する欲求を表しています。

次のフレーズである「化けの皮をかぶり こよなく騙してほしい」という部分では、自己を守るために自ら「化けの皮」を被り、他人を騙すことに対する強い願望が示されています。ここでは、騙される側であることで自己を保護し、安心感を得ようとする心理が反映されています。

全体として、この部分の歌詞は、自己保身や安定感を求めつつも、他人を騙す行為に依存し、自己の存在や安心感を確認したいという複雑な思いが表現されています。

You are foolish nice Guy 頼りないワイロで You are stylish nice Guy 詐欺まがいの Playing はどういう思いだと感じますか?

「You are foolish nice Guy」というフレーズからは、相手を「愚かないい人」と形容していることが感じられます。ここでは、「foolish」は相手の判断力や行動が愚かであることを指し、「nice Guy」はその人物が基本的には優しい性格であることを表しています。この表現は、相手を軽蔑しつつも、彼らが騙すことに成功していることを認めるニュアンスも含まれています。

「頼りないワイロで」という部分では、「ワイロ」は財務上の利益を得るために行われる不正行為や汚職を指しています。このフレーズは、相手が頼りなく、信頼性に欠ける手段で利益を追求していることを指摘しています。

一方で、「You are stylish nice Guy」というフレーズでは、相手を「スタイリッシュないい人」と形容しています。ここでの「stylish」は、外見や行動が洗練され、魅力的であることを指しています。「nice Guy」は引き続き優しい性格を表しています。しかし、「詐欺まがいの Playing」という表現が続くことで、相手の魅力やスタイルは、詐欺行為や不正な手法を用いて獲得されていると示唆しています。

このように、「You are foolish nice Guy」と「You are stylish nice Guy」の対比によって、相手の行動や性格の二面性が表現されています。

Making 誰にでも歌える Sampleみたいな歌が 大衆性を振りまいて 夜を賢く襲ってる はどういう思いだと感じますか?

「Making 誰にでも歌える Sampleみたいな歌が 大衆性を振りまいて 夜を賢く襲ってる」という部分からは、大衆に受け入れられやすい曲やメロディが、夜の社交界で人気を集めながら、大衆の心を巧みに操っている様子が表現されています。

この歌詞から感じられる思いは、音楽やエンターテイメントの世界において、一過性の大衆的な人気や流行が存在し、それが夜の社交場で魅力的に映し出されていることを指摘しています。”誰にでも歌える Sampleみたいな歌”というフレーズは、簡単で親しみやすい歌や楽曲のことを指し、それが大衆性を持ち、夜のイベントやパーティーで人気を博している様子が示されています。

一方で、「夜を賢く襲ってる」という表現は、この大衆的な曲やエンターテイメントが、夜の社交界において巧妙に広まり、人々の関心や興味を引きつけていることを示しています。このフレーズからは、夜の社交場において大衆を巧みに魅了するエンターテイメントの力や魅力が強調されています。

総じて、この部分の歌詞は、一時的な大衆的な人気や流行が存在し、それが夜の社交界において大衆の心を巧みに掴んでいる様子を描写しています。

You are nightless worker 愛想ばかりのSENSE You are sleepless tricker Oh FUCK!! はどういう思いだと感じますか?

「You are nightless worker」というフレーズからは、相手が「眠らず働く人」と形容されていることが感じられます。ここでの「nightless」は、夜間を休まず働いていることを指しています。

「愛想ばかりのSENSE」という表現では、相手の感覚や感性が愛想や気遣いに偏っていることを指摘しています。つまり、相手は他人に対して優しさや好意を示すことに力点を置いているが、それ以外の感覚や感性が欠如していると示唆されています。

一方、「You are sleepless tricker」というフレーズでは、相手が「眠れないトリックスター」と形容されています。ここでの「sleepless」は、眠れない状態であることを指し、相手が休まずに様々なトリックや策略を用いていることを意味しています。

最後のフレーズである「Oh FUCK!!」は、強い感情表現であり、驚きや不快感を表しています。これによって、前述の相手の特徴や行動に対する感情的な反応が強調されています。

全体として、この部分の歌詞は、相手が夜も眠らず働き、他人に対して愛想だけを示し、トリックや策略を巧妙に使うことで自身を表現していることを指摘しています。また、相手の行動や特徴に対して感情的な反応や不快感が示されています。

多量のCAFFEINEで 奴等を飲み込め SPOONに写ってた 全ては NO NO NO はどういう思いだと感じますか?

「多量のCAFFEINEで 奴等を飲み込め」というフレーズからは、大量のカフェインを摂取して、他の人々や周囲の状況を乗り越えようとする意志や行動が感じられます。ここでの「奴等」は、他人や社会全体を指しています。

「SPOONに写ってた 全ては NO NO NO」という部分では、鏡やスプーンに映った自分の姿や状況を指しています。そして、「NO NO NO」という表現は、否定や拒絶の意思を示しています。つまり、この歌詞では、自分自身や周囲の状況を否定し、拒絶していることを表現しています。

全体として、この部分の歌詞は、大量のカフェインを使って自分自身や他人、そして現実を乗り越えようとする意志や行動が描かれています。しかし、それを通じて自分自身の鏡像や現実を否定し、拒絶していることが示唆されています。この歌詞は、強い意志や抵抗の意思を表現しつつも、その裏側に現実逃避や否定的な感情が存在していることを示唆しています。

多量のCAFFEINEで 眠りを飲み込め SPOONでかき混ぜた 頭は NO NO NO はどういう思いだと感じますか?

「多量のCAFFEINEで 眠りを飲み込め」というフレーズからは、大量のカフェインを摂取することで眠気を抑え、眠りを制御しようとする意思や行動が感じられます。

「SPOONでかき混ぜた 頭は NO NO NO」という部分では、スプーンで頭をかき混ぜることによって、頭の中に「NO NO NO」という否定的な思考や感情が入り込んでいることを表現しています。ここでの「NO NO NO」は、拒絶や否定を意味しています。

全体として、この部分の歌詞は、大量のカフェインを摂取することで眠りを克服し、頭の中に否定的な思考や感情を持ち込もうとする意図が描かれています。カフェインによる覚醒や思考の活性化を通じて、頭の中に否定的な思考や感情が支配していることが示唆されています。この歌詞は、睡眠や休息の欠如による影響や、否定的な思考の循環が示され、現実逃避や心の闇を暗示していると言えます。

まるで論外だね 人の娯楽のため 何も残らないね 台無しで終わるさ はどういう思いだと感じますか?

「まるで論外だね 人の娯楽のため」というフレーズからは、人々の娯楽や楽しみのために行われている何かが非常に不適切であることを指摘しています。ここでの「論外」は、議論に値しないほど不適切であることを意味しています。

「何も残らないね 台無しで終わるさ」という部分では、その娯楽や楽しみによって何も残らず、全てが台無しになってしまうことを表現しています。この歌詞は、一時的な楽しみや娯楽が持続性や意義を欠き、結果的に何も残らない状況を指摘しています。

全体として、この部分の歌詞は、人々の娯楽や楽しみに対して否定的な見方を示しています。その娯楽が非倫理的であるか、あるいは短絡的で意味のないものであるかに焦点を当てています。また、その娯楽や楽しみが結果的に何も残らず、台無しに終わることを嘆いているとも受け取れます。

多量のCAFFEINEで 奴等を飲み込め SPOONに写ってた 全ては NO NO NO はどういう思いだと感じますか?

「多量のCAFFEINEで 奴等を飲み込め」というフレーズからは、大量のカフェインを摂取して他の人々を超えようとする意志や行動が感じられます。

「SPOONに写ってた 全ては NO NO NO」という部分では、スプーンに映った自分や周囲の状況を否定していることを表現しています。ここでの「NO NO NO」は、拒絶や否定を意味しています。

全体として、この部分の歌詞は、大量のカフェインを摂取することで自己や他人を超越しようとする意志を示しています。また、スプーンに映った自分や周囲の状況を否定し、拒絶する姿勢が示されています。

この歌詞は、カフェインを通じた覚醒や高揚感によって自己を強化しようとする欲求や、現実を否定しようとする心理を描いています。その中で、拒絶や否定によって自己の存在を確認しようとする姿勢が表現されています。

多量のCAFFEINEで 眠りを塗り替える SPOONでかき混ぜた 答えは NO NO NO はどういう思いだと感じますか?

「多量のCAFFEINEで 眠りを塗り替える」というフレーズからは、大量のカフェインを摂取することで眠りを押し退け、眠気を克服しようとする意志や行動が感じられます。

「SPOONでかき混ぜた 答えは NO NO NO」という部分では、スプーンでかき混ぜることによって得られる答えが「NO NO NO」という否定的な結果であることを表現しています。

全体として、この部分の歌詞は、大量のカフェインを通じて眠りを塗り替え、眠気に打ち勝とうとする意志や行動が描かれています。しかし、スプーンでかき混ぜることで得られる答えが「NO NO NO」という否定的なものであることが示唆されています。

この歌詞は、カフェインを利用して眠りを克服しようとする行動や意識が描かれていますが、その結果として得られる答えが否定的であることを示しています。また、この表現からは、カフェインによる現実逃避や自己欺瞞の側面が含まれているとも受け取れます。

SPOONとCAFFEINEで 両目をこじ開けろ 真実は僕の手に 掴んだ NO NO NO はどういう思いだと感じますか?

「SPOONとCAFFEINEで 両目をこじ開けろ 真実は僕の手に 掴んだ NO NO NO」というフレーズからは、スプーンとカフェインを用いて自分の両目を開き、真実を自らの手で掴んだと主張している意思や行動が感じられます。ここでの「NO NO NO」は、否定や拒絶を意味しています。

この歌詞から感じられる思いは、自己の意識や洞察力を高めるためにスプーンとカフェインを利用し、真実を見つけ出そうとする強い欲求や努力を表現しています。自分自身で目を開き、真実を掴むことで拒絶や否定に打ち勝つという意思が示されています。

また、この歌詞は、自己の視点や真実を追求しようとする意思を強調しており、自己の中に真実を見出すことの重要性や他者からの干渉を排除しようとする姿勢も含まれていると言えます。一方で、この表現からは、現実逃避や自己欺瞞の側面も感じられるかもしれません。

おわり

AIによる歌詞の考察とあなたが思う考察にどれぐらい相違がありましたか?

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。