黒夢【KINGDOM】の歌詞とAIによる歌詞の考察

  1. ホーム
  2. 歌詞とAIによる考察
  3. 黒夢【KINGDOM】の歌詞とAIによる歌詞の考察

歌詞とAIによる歌詞の考察(この歌詞はどういう思いだと感じますか?)を載せていきます。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。

目次

歌詞

KINGDOM

作詞・作曲:清春/編曲:是永巧一・黒夢

夜に詞えば 響いたのは 夢追いの弱者
消えてしまった それなんて紛い物でした
困惑を繰り返したい こう在るべき理解の海
抱いてくれる貴方に会う 過去に浚われたら


AH  気が触れる新しい盲目
AH  耐え乱れる艶かしき王国を揺らすよ


越えてしまえば 嘘で夢を叶えたのでしょう
知って得はない 顔を変えたからくり人形
大切な言葉を使い 幾通りしかないリリック
根底を覆し 脆い糸は切れた


AH 捨て去ろう黄金の暗黙
AH 足りてゆく艷かしき感覚を揺らして


闇夜を裂いて鳴らしている
灯りを消して帰ってゆく
愛楽を見る人の元へまた階段を登る


或る人生と交わしている
身体の中を巡ってゆく
憧れたあの頃の僕へただ階段を登るよ


AH 気が触れる新しい盲目
AH 耐え乱れる艷かしき王国を揺らして


闇夜を裂いて鳴らしている
灯りを消して帰ってゆく
愛楽を見た人の元へ消えされるよ


或る人生を鳴らしている
身体の外へ放っていたい
憧れたあの頃の僕へまた階段を登るよ

AIによる歌詞の考察

上記の歌詞全体を見てAIが感じたことを聞きました。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。ほぼ原文です。意味が分からない部分もそのまま載せています。

この歌詞は、複雑で感情的な内面の葛藤と、過去と未来、現実と夢の対立を探求しているようです。以下は歌詞の内容に対する分析です。

最初のスタンザでは、歌詞の主人公が夜に夢を追い求める弱者として描かれています。彼は過去に何かを失い、それが彼を困惑させています。彼は「抱いてくれる貴方に会う」という願望を持っており、過去の出来事や感情についての理解を求めているようです。

「気が触れる新しい盲目」というフレーズは、彼の心の状態が不安定で、新たな境地に向かっていることを示唆しています。また、「耐え乱れる艶かしき王国を揺らす」という表現は、彼の内部での感情の激しさと、それが彼の周りの世界に影響を与えていることを示唆しています。

次のスタンザでは、彼が夢を追求した結果、何かを得たかのように思えますが、それは「顔を変えたからくり人形」として描写されています。これは、彼が夢を追求しても、それが本当に彼の欲しいものではなかったことを示唆しています。また、「根底を覆し、脆い糸は切れた」というフレーズは、彼の内面の弱さや破綻を表現しています。

最後のスタンザでは、彼が過去の自分と向き合おうとしていることが示唆されています。彼は「憧れたあの頃の僕へただ階段を登るよ」と歌っており、自己探求や過去への回顧がテーマとして取り上げられています。

全体的に、この歌詞は内面の葛藤、自己探求、夢と現実の対立、そして過去と未来への思いを探求するものと解釈できます。感情の起伏が激しく、主人公の内面の複雑さが歌詞を通じて表現されています。

夜に詞えば 響いたのは 夢追いの弱者 消えてしまった それなんて紛い物でした 困惑を繰り返したい こう在るべき理解の海 抱いてくれる貴方に会う 過去に浚(さら)われたら はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞は、主人公の過去と夢に関する複雑な思いを表現しています。

「夜に詞えば 響いたのは 夢追いの弱者」
夜になると、主人公は自分自身を振り返り、夢を追い求める人々との共感を感じるようです。彼らは夢を追いかける者として「弱者」と表現されています。これは、夢を追い求めることが困難で、他の人々と比べて不利な立場にいることを示唆しています。

「消えてしまった それなんて紛い物でした」
ここで、主人公は何か重要なものが失われたことを示唆しています。彼の過去の努力や追求が「紛い物」と感じられるほど、価値のあるものではなかったと感じているようです。過去の自分との失望や対立が反映されています。

「困惑を繰り返したい こう在るべき理解の海」
主人公は、自分自身についての理解や認識が混乱していることを望んでいます。彼は過去の経験や感情について、より深く理解し、再評価したいと考えているようです。また、「理解の海」は、彼の内面の複雑さや思考の広がりを表現しています。

「抱いてくれる貴方に会う 過去に浚(さら)われたら」
この部分では、主人公は「貴方」と呼ばれる特定の人物に会いたいと望んでいます。彼はこの人物に対する希望と、過去の出来事に囚われていることを示唆しています。この人物は彼に支えを提供し、理解してくれる可能性があるようです。

全体として、この部分の歌詞は、主人公の過去と夢への思い、自己評価、そして感情の複雑さを反映しています。彼は自分の過去を振り返り、内面の迷いや不安に向き合っているようです。

AH 気が触れる新しい盲目 AH 耐え乱れる艶かしき王国を揺らすよ はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞は、主人公の感情が高揚し、内面の葛藤や変化に対する混乱を表現しています。以下に詳細な解釈を示します。

「AH 気が触れる新しい盲目」
“AH”という表現は、主人公が感情や内面の変化に驚きや興奮していることを示唆しています。”気が触れる新しい盲目”というフレーズは、彼が新たな境地に進んでいること、あるいは自身の感情や認識に対する新たな理解を獲得していることを示しています。”新しい盲目”は、彼が以前とは異なる視点や価値観を持っていることを示唆しています。

「耐え乱れる艶かしき王国を揺らすよ」
この部分では、主人公が自身の内面で起こっている感情の激しさと、それが彼の周りの世界に影響を与えていることを表現しています。”耐え乱れる”というフレーズは、彼が感情の制御を失っているように感じていることを示唆しています。また、「艶かしき王国を揺らす」という表現は、彼の内面の揺れが彼の環境や人間関係にも波及していることを示唆しています。

全体として、この部分の歌詞は主人公の内面の複雑さと感情の高まりを表現しています。彼は何らかの重要な変化や洞察を経験し、それが彼の人生や環境に影響を与えていることを歌っています。また、感情の高揚や混乱が歌詞によって強調されています。

越えてしまえば 嘘で夢を叶えたのでしょう 知って得はない 顔を変えたからくり人形 大切な言葉を使い 幾通りしかないリリック 根底を覆し 脆い糸は切れた はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞は、主人公が過去の夢や追求についての反省や苦悩を表現しています。以下に詳細な解釈を示します。

「越えてしまえば 嘘で夢を叶えたのでしょう」
この行は、主人公が過去に追い求めた夢を実現したとしても、それが彼にとって本当に意味のあるものでなかった可能性を示唆しています。彼は達成した目標が実際には「嘘」であると感じているようです。ここでの「越える」とは、夢を実現し、それを達成することを指しています。

「知って得はない 顔を変えたからくり人形」
この行では、主人公が過去の自分自身についての洞察を得たが、それが何の役にも立たないことを表現しています。また、「顔を変えたからくり人形」というフレーズは、彼が自己変革を試みたことを示唆していますが、それが本当の自己ではなかったことを示唆しています。彼は過去の自分との関係性に対する複雑な思いを抱いているようです。

「大切な言葉を使い 幾通りしかないリリック」
ここでは、主人公が大切な言葉やメッセージを持っていたが、それが限られた形式でしか表現できなかったことを示唆しています。彼は自分のメッセージが多くの異なる方法で表現できるはずだと感じているようですが、過去の制約や状況に縛られていたことを反映しています。

「根底を覆し 脆い糸は切れた」
最後の行では、主人公が自己の基盤や信念に変化が生じ、それが脆弱で崩れやすい状態にあることを示唆しています。彼の内面が大きな変化や葛藤に直面しており、それが彼の自己認識に影響を与えていることが描かれています。

全体として、この部分の歌詞は、主人公の過去の経験と内面の葛藤、自己評価の変化を表現しています。彼は自分自身や過去の行動についての疑念を抱き、それが彼の内面の脆弱さを浮き彫りにしています。

AH 捨て去ろう黄金の暗黙 AH 足りてゆく艷かしき感覚を揺らして はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞は、主人公が何か重要なものを捨て去り、新しい感覚や価値観を受け入れる覚悟を示しています。以下に詳細な解釈を示します。

「AH 捨て去ろう黄金の暗黙」
“AH”という表現は、主人公が決断を下し、何かを捨て去ろうとしていることを示唆しています。ここでの「黄金の暗黙」は、過去に主人公が高く評価し、大切にしていた何か、あるいは成功や財産を指しています。しかし、それが今では彼にとっては不要であること、または新たな価値観に照らして価値がないことを示唆しています。

「AH 足りてゆく艷かしき感覚を揺らして」
この行では、主人公が何か新しい感覚や経験に向かって進んでいることを示しています。彼は以前の価値観や感覚に固執せず、新しい価値観や感覚を受け入れようとしています。”足りてゆく”は、新しいものが彼を満たし、彼の内面に変化をもたらすことを示唆しています。

全体として、この部分の歌詞は、主人公が過去の成功や物質的な価値よりも、新たな感覚や価値観に重点を置こうとしていることを表現しています。彼は自己成長や内面の充実を優先し、物質的なものを捨て去る覚悟を持っているようです。この部分は、変化と成長への決意を示しています。

闇夜を裂いて鳴らしている 灯りを消して帰ってゆく 愛楽を見る人の元へまた階段を登る はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞は、主人公が過去から抜け出し、新しい人生への再出発を詠んでいます。以下に詳細な解釈を示します。

「闇夜を裂いて鳴らしている」
この行は、主人公が過去の困難や闇夜を乗り越え、新しいチャプターに向かって前進していることを表現しています。彼は過去の障害を克服し、新しい可能性に向かって進んでいることを示唆しています。

「灯りを消して帰ってゆく」
この行では、主人公が過去の経験や環境を離れ、新しい出発を切ることを意味しています。彼は過去の光を消し、新しい未来に向かって進む覚悟を持っています。

「愛楽を見る人の元へまた階段を登る」
この部分は、主人公が新しい愛や幸福を見つけるために、再び新たなステップを踏み始めることを示しています。彼は過去の選択や経験から学び、新たな人生への階段を登る用意ができているようです。

全体として、この部分の歌詞は、主人公が過去の苦難や闇夜から脱し、新しい愛と幸福への道を模索していることを表現しています。彼は過去の経験から学び、新しい人生への再スタートを意味します。希望と成長に向かって進む意志を持っていることがこの歌詞から読み取れます。

或る人生と交わしている 身体の中を巡ってゆく 憧れたあの頃の僕へただ階段を登るよ はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞は、主人公が過去の自己と向き合い、自己発見や成長を追求している思いを表現しています。以下に詳細な解釈を示します。

「或る人生と交わしている」
この行は、主人公が他の人生や経験と接触していることを示しています。彼は他の人々との交流や経験を通じて、新たな視点や洞察を得ている可能性があります。

「身体の中を巡ってゆく」
この行は、主人公が自己内部での探求を行っていることを示唆しています。彼は自己の内面や感情に向き合い、自分自身を深く理解しようとしています。このプロセスは、自己発見の一部として捉えられます。

「憧れたあの頃の僕へただ階段を登るよ」
この部分は、主人公が過去の自分に戻り、若かりし頃の夢や目標に向かって進む意志を表現しています。彼は自己の変化や成長を追求し、過去の自分に対する尊敬や憧れを忘れないよう努力しているようです。

全体として、この部分の歌詞は、主人公が過去の経験や他の人々との交流を通じて成長し、自己発見の旅に出ていることを示唆しています。彼は過去の夢や目標に向かって進み、自分自身との調和を取り戻すために努力しているようです。

AH 気が触れる新しい盲目 AH 耐え乱れる艷かしき王国を揺らして はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞は、主人公の内面における複雑な感情と変化に焦点を当てています。以下に、この部分の詳細な解釈を提供します。

「AH 気が触れる新しい盲目」
“AH”という表現は、主人公が感情的に高ぶり、興奮していることを示唆しています。彼は新しい「盲目」、つまり新たな視点や認識に触れていると感じています。この行は、彼の内面が変化していることを強調しています。

「AH 耐え乱れる艷かしき王国を揺らして」
この部分では、主人公の感情の激しさと、それが彼の周りの環境に影響を与えていることが表現されています。彼は内面での葛藤や変化が、彼の身の回りの世界や人間関係に波及していると感じています。”耐え乱れる艷かしき王国”は、彼の内面や感情の混乱を表現しています。

この部分の歌詞は、主人公が内面での感情の高まりと複雑さに直面し、それが彼の外部環境にも影響を及ぼしていることを描写しています。彼は新しい感覚や価値観に触れ、これまでの状況に対して疑念や変化を感じているようです。この部分は、内面の葛藤と外部の影響が交錯している状況を表現しています。

闇夜を裂いて鳴らしている 灯りを消して帰ってゆく 愛楽を見た人の元へ消えされるよ はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞は、複雑な感情と内面の葛藤を表現しています。以下に、この部分の詳細な解釈を提供します。

「闇夜を裂いて鳴らしている」
この行は、主人公が過去の暗闇や困難を乗り越え、勇気を持って前進していることを示唆しています。彼は過去の闇を克服し、新たな可能性を探求しようとしています。”裂いて鳴らしている”は、彼の決意や意志を強調しています。

「灯りを消して帰ってゆく」
ここでは、主人公が過去の経験や環境を後にし、新しい方向に進む決意を表現しています。彼は過去の光を消し、新しい未来に向かって進もうとしています。

「愛楽を見た人の元へ消えされるよ」
この部分は、主人公が愛や幸福を見つけた人のもとに向かおうとしていることを示唆しています。彼は新たな愛や幸福を求めており、そのために過去を超えようとしています。しかし、”消えされるよ”という表現は、彼が過去の自己や状況から解放され、新たな関係や体験に没頭することを示しています。

この部分の歌詞は、主人公の過去からの解放と新しい未来への希望を反映しています。彼は過去の困難を克服し、新たな愛や幸福に向かって進む決意を持っていますが、それは同時に過去の経験とのお別れでもあることを示しています。

或る人生を鳴らしている 身体の外へ放っていたい 憧れたあの頃の僕へまた階段を登るよ はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞は、主人公の内面の葛藤と、過去と未来への思いを表現しています。以下に詳細な解釈を示します。

「或る人生を鳴らしている」
この行は、主人公がある特定の人生や経験を体験し、それを自分自身や周囲に表現していることを示唆しています。彼は過去の経験や人生に深い感情を抱いており、それを音楽や表現を通じて伝えようとしています。

「身体の外へ放っていたい」
ここでは、主人公が自己表現とクリエイティビティを大切にしており、自身の内面から出て、外部の世界にその情熱や感情を広げたいと願っていることが示されています。彼は自己の内面を外部に共有しようとしています。

「憧れたあの頃の僕へまた階段を登るよ」
この部分は、主人公が過去の自分自身に対する憧れを抱き、過去の夢や目標に再び向かって進もうとしていることを示唆しています。彼は自己の成長と過去の自分自身との調和を求めています。

全体として、この部分の歌詞は、主人公が自己表現やクリエイティビティを通じて自分自身を表現し、過去の経験や夢に向かって新たなステップを踏み出す準備をしていることを表現しています。彼は内面と外部の調和を求め、成長と変化への意志を示しています。

おわり

AIによる歌詞の考察とあなたが思う考察にどれぐらい相違がありましたか?

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。