黒夢【BLAND NEW LOVELESS】の歌詞とAIによる歌詞の考察

  1. ホーム
  2. 歌詞とAIによる考察
  3. 黒夢【BLAND NEW LOVELESS】の歌詞とAIによる歌詞の考察

歌詞とAIによる歌詞の考察(この歌詞はどういう思いだと感じますか?)を載せていきます。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。

歌詞

BLAND NEW LOVELESS

作詞:人時/作曲:清春/編曲:人時

You just now. You make now.
True that out of the lie just right.
改悪をなぞるよう 娼婦と疑い通り過ぎて


重罪は逆らえるまま 狙って
述懐は泣かされるまま ハロー ナーバス


Yes.Bland new loveless
Yes.Blindness love face
Yes.Bland new loveless
Yes.Blindness love face


You was me.You make me.
True that out of the lie just right.
改竄(かいざん)を囲むよう  恐怖と疑い通り過ぎて


Yes.Bland new loveless
Yes.Blindness love face
Yes.Bland new loveless
Yes.Blindness love face

AIによる歌詞の考察

上記の歌詞全体を見てAIが感じたことを聞きました。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。ほぼ原文です。意味が分からない部分もそのまま載せています。

この歌詞は、複雑な感情や状況についての内省的な表現を含んでおり、愛と欠如、真実と虚偽、信じることと疑念の対比がテーマとして浮かび上がります。

“You just now. You make now.
True that out of the lie just right.”
ここでは、過去や未来ではなく、現在を重要視し、真実と虚偽の区別を明確にしようとしています。これは、過去の経験や嘘から抜け出し、現在の状況に焦点を当てることの重要性を示唆しています。

“改悪をなぞるよう 娼婦と疑い通り過ぎて”
この行は、自己評価や他人への疑念について触れています。”改悪”や”娼婦”といった言葉は、自己評価の低さや他人に対する不信感を表現しているようです。

“重罪は逆らえるまま 狙って 述懐は泣かされるまま ハロー ナーバス”
ここでは、自己の行動や感情がコントロールできないように感じる状況を描写しています。”重罪”や”ナーバス”といった言葉は、内なる葛藤や不安を示唆しています。

“You was me. You make me.
True that out of the lie just right.”
この行は、自己同一性と他者との関係に焦点を当てています。”You was me”は、他者との共感や共感を表現しているようで、自己を他者と繋げる試みを示唆しています。

“改竄(かいざん)を囲むよう 恐怖と疑い通り過ぎて”
この行は、疑念や恐れに対処する試みを描写しています。”改竄”や”恐怖”といった言葉は、状況への対抗意識を示唆しています。

最後に、繰り返されるフレーズ “Yes.Bland new loveless” と “Yes.Blindness love face” は、愛に対する希望や期待が薄れ、愛情が失われつつあることを示唆しています。 “Bland new loveless” は、新しい愛が退屈で感情的に空虚であることを示唆し、 “Blindness love face” は、愛情に盲目的であることを指摘しています。

全体として、この歌詞は愛、自己同一性、信念、疑念など、人間の複雑な感情と心理状態についての探求を通じて、内省的で哲学的なテーマを探求しています。また、言葉の選択やフレーズの繰り返しは、感情の深さと複雑さを強調しています。

You just now.You make now. True that out of the lie just right. 改悪をなぞるよう 娼婦と疑い通り過ぎて はどういう思いだと感じますか?

このフレーズは、作者が「現在の瞬間を大切にし、真実と虚偽を正確に区別しようとしている」という思いを表現しているように感じます。以下に詳しく解釈します:

“You just now. You make now.”
“You just now”は、現在の自分を指し示しています。作者は現在を強調し、過去や未来よりも現在の瞬間を意識的に重要視していることを示しています。
“You make now”は、現在の瞬間を自分自身で形作ることができるという考えを示しています。つまり、過去の出来事や嘘から解放され、現在の行動に焦点を当てるべきだと主張しています。

“True that out of the lie just right.”
この部分では、「真実は嘘から正確に見分け出される」と述べています。作者は過去の嘘や誤解から、現在の真実を見極める能力を持っていると主張しています。
また、「just right」は、正確さや適切さを強調しており、嘘や誤解を適切に扱うことが大切であることを示唆しています。

“改悪をなぞるよう 娼婦と疑い通り過ぎて”
この部分は、作者が過去の誤った行動や誤解に囚われず、進むべき道を模索していることを表現しています。
“改悪をなぞるよう”は、悪い習慣や過去の誤りを繰り返さないように努力する姿勢を示唆しています。
“娼婦と疑い通り過ぎて”は、他人を疑念深く見ることなく、人を受け入れることの重要性を示唆しているようにも感じます。

総じて、このフレーズは、過去の過ちや虚偽にとらわれず、現在の真実を見極め、改善していく意志を表現しています。作者は過去の誤りから学び、現在を大切にし、自己と他者との関係を建設的に築こうとしていると思われます。

重罪は逆らえるまま 狙って 述懐は泣かされるまま ハロー ナーバス はどういう思いだと感じますか?

このフレーズは、作者が内なる葛藤や困難に直面し、それに対処しようとしている思いを表現しているように感じます。以下に詳しく解釈します:

“重罪は逆らえるまま 狙って”
“重罪は逆らえるまま”は、作者が何か重要な課題や責任に対して立ち向かおうとしていることを示唆しています。”重罪”は、深刻な過ちや困難を象徴している可能性があります。
“狙って”は、作者が積極的に目標を追求し、困難に立ち向かおうとしていることを示しています。この行は、自己の内なる強さと決意を表現しています。

“述懐は泣かされるまま ハロ ナーバス”
“述懐は泣かされるまま”は、作者が自分の感情や思考に苦しむ瞬間を経験していることを示唆しています。”述懐”は、内省や思索を指します。
“ハロー ナーバス”は、作者が感情的に不安定であることを表現しています。”ハロー”は挨拶のような単語ですが、ここでは不安や緊張を暗示しています。

このフレーズ全体からは、作者が自己成長や困難への挑戦に取り組んでいる一方で、そのプロセスが苦しいことや不安を伴うことを示唆しています。内面的な葛藤や感情の波に直面しながらも、作者は目標を追求し、進み続けようとしていると思われます。

Yes.Bland new loveless Yes.Blindness love face Yes.Bland new loveless Yes.Blindness love face はどういう思いだと感じますか?

このフレーズは、作者の感情や状態を表現するための反復的な表現として機能しており、愛に関する複雑な感情や経験に焦点を当てています。以下に詳しく解釈します:

“Yes.Bland new loveless”
“Bland new loveless”は、新しい愛が退屈で感情的に空虚であることを示唆しています。この部分は、愛情や感情の鮮度が失われ、冷淡さや無関心さが存在することを暗示しています。
“Yes”は、この感情や状態が確かに存在することを強調し、肯定的に受け入れていることを示唆しています。これは、作者が現実を直視し、受け入れようとしていることを意味します。

“Yes.Blindness love face”
“Blindness love face”は、愛情に対する盲目的な信念や期待を示唆しています。つまり、作者は愛情に対して過度に盲目的で、現実を冷静に評価できない可能性があります。
“Yes”は、この盲目的な愛情を受け入れていることを示しています。作者が自分の感情に固執しており、現実とのギャップを認識しつつも、それを変えることができないことを示唆しています。

このフレーズは、愛に関する複雑な感情や経験を反復的に強調しています。作者は、新しい愛が空虚であることや、愛情に対する盲目的な信念を認識しつつも、それを受け入れているように思えます。愛に関する現実と理想のギャップに直面しており、その葛藤を表現しています。

You was me.You make me. True that out of the lie just right. 改竄(かいざん)を囲むよう 恐怖と疑い通り過ぎて はどういう思いだと感じますか?

このフレーズは、作者が自己同一性、他者との関係、真実と虚偽の複雑なテーマについて表現しています。以下に詳しく解釈します:

“You was me. You make me.”
“You was me”は、他者(”You”)が以前の自分(”me”)であったことを示唆しています。この部分は、他者との共感や共感を表現しており、自己と他者との関係に焦点を当てています。
“You make me”は、他者が現在の自分を形作っていることを示しています。他者との相互作用が自己の形成に影響を与えていることを意味します。

“True that out of the lie just right.”
この行は、真実と虚偽の関係に焦点を当てています。”True”は真実を示し、”lie”は虚偽を示しています。
“True that out of the lie just right”は、過去の虚偽から正確に真実を見分け出すことができるという考えを示唆しています。作者は過去の誤りや誤解から学び、真実を追求しているようです。

“改竄(かいざん)を囲むよう 恐怖と疑い通り過ぎて”
“改竄”は改ざんや歪曲を意味し、この部分は情報や真実への疑念に焦点を当てています。
“恐怖と疑い通り過ぎて”は、作者が不確かな情報や真実に対する恐れや疑念を持ちながらも、それを追求しようとしていることを示唆しています。また、他者による情報の歪曲や誤解を克服しようとしていることも示唆されています。

総じて、このフレーズは、自己と他者、真実と虚偽、情報と疑念などのテーマに焦点を当てています。作者は自己と他者の関係や情報の信頼性について内省し、真実を探求する努力をしているように感じられます。

Yes.Bland new loveless Yes.Blindness love face Yes.Bland new loveless Yes.Blindness love face はどういう思いだと感じますか?

このフレーズは、愛情と感情に関する複雑な感情や経験を反復的に強調しています。以下に詳しく解釈します:

“Yes.Bland new loveless”
“Bland new loveless”は、新しい愛情が退屈で感情的に空虚であることを示唆しています。愛情が新鮮さや情熱を欠いており、感じるものが少ない状態を表現しています。
“Yes”は、この感情や状態が確かに存在することを強調し、肯定的に受け入れていることを示唆しています。これは、作者が現実を直視し、受け入れようとしていることを意味します。

“Yes.Blindness love face”
“Blindness love face”は、愛情に対する盲目的な信念や期待を示唆しています。つまり、作者は愛情に対して過度に盲目的で、現実を冷静に評価できない可能性があります。
“Yes”は、この盲目的な愛情を受け入れていることを示しています。作者が自分の感情に固執しており、現実とのギャップを認識しつつも、それを変えることができないことを示唆しています。

このフレーズは、愛に関する複雑な感情や経験を反復的に強調し、その感情の葛藤や現実との対立を表現しています。作者は、新しい愛情が冷淡であることや、愛情に対する盲目的な信念との間で葛藤しているように思えます。愛に関する現実と理想のギャップに直面しており、その複雑な感情を表現しています。

おわり

AIによる歌詞の考察とあなたが思う考察にどれぐらい相違がありましたか?

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。