黒夢【Walkin’ on the edge】の歌詞とAIによる歌詞の考察

  1. ホーム
  2. 歌詞とAIによる考察
  3. 黒夢【Walkin’ on the edge】の歌詞とAIによる歌詞の考察

歌詞とAIによる歌詞の考察(この歌詞はどういう思いだと感じますか?)を載せていきます。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。

歌詞

Walkin’ on the edge

作詞:清春 作曲:人時 編曲:黒夢/是永巧一

思春期が過ぎ 聞かせてくれた
「犠性を払う事もない…」
協調性に多少欠けてた
僕だから聞き流してた


苦しげな安定  気が遠くなりそうで


ある種  切り開いたらなおさら
悪評は軽いバロメーター


認めさせてあげる「評論者は化石」と


水は止まれば  濁って行くよ
一度きりなら急ごう

その洋服も 飽きてしまうよ
君が感じてる限り


堅いルートならば 誰でも光れるさ
見たことも無い様な 先端を作ろう


綺麗な花も枯れてしまうよ
そんな姿見たくない
気に入った写真 色褪せてくよ
まだ変われるね急ごう


でも一つだけ詞を残そう
僕である為に

AIによる歌詞の考察

上記の歌詞全体を見てAIが感じたことを聞きました。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。ほぼ原文です。意味が分からない部分もそのまま載せています。

この歌詞は、思春期を過ぎても自分自身に向き合うことが大切だというメッセージを伝えています。歌詞は、過去に自分が聞き流してしまった言葉を思い出しながら、自分が協調性に欠けていたことを反省し、それでも自分自身を認めていくことが大切であることを歌っています。

歌詞は、「悪評は軽いバロメーター」という言葉を用いて、他人の評価や意見はあくまでも参考程度であり、自分自身が大切にする価値観や目標を持ち続けることが重要であることを示唆しています。

また、歌詞は、時間が経つことで色あせたり枯れたりするものがあることを表現しながら、それでも自分自身が変われることを信じて前に進むことが必要であることを伝えています。

最後に、「僕である為に」という言葉がありますが、これは自分自身であることを肯定すると同時に、自分自身を大切にすることが必要であることを示唆しています。

総合すると、この歌詞は、過去の自分自身に向き合いながらも、自分自身を大切にし、自分自身の価値観や目標を持ち続けて前に進むことが大切であることを伝えています。

思春期が過ぎ 聞かせてくれた 「犠性を払う事もない…」 協調性に多少欠けてた 僕だから聞き流してた この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、過去に自分が抱えていた問題や反省点を振り返りつつ、自分自身を肯定し、前に進むことの大切さを伝えていると感じます。

「思春期が過ぎ 聞かせてくれた」という冒頭の言葉から、過去の自分自身と向き合っていることが伺えます。そして、「犠性を払う事もない…」という言葉が登場しますが、これは自分自身が成長し、自分を支えるために必要なものを手に入れたことを意味しているのかもしれません。

また、「協調性に多少欠けてた 僕だから聞き流してた」という部分からは、過去に自分自身が抱えていた問題や欠点を認めつつも、それに対して若干の逃避をしていたことが伝わってきます。しかし、それでも過去の自分自身を受け入れ、前に進んでいこうというポジティブなメッセージが感じられます。

最後に、「堅いルートならば 誰でも光れるさ 見たことも無い様な 先端を作ろう」という言葉が登場しますが、これは自分自身が過去の問題を乗り越え、新しい可能性を開拓することができるという希望を示唆しているのかもしれません。

総合すると、この歌詞は過去の自分自身と向き合いつつ、前向きなメッセージを伝えていると感じます。自分自身を認め、過去の問題や反省点を乗り越え、新しい可能性を開拓することが大切であることを示唆しています。

苦しげな安定 気が遠くなりそうで この歌詞はどういう思いだと感じますか?

「苦しげな安定 気が遠くなりそうで」という一節は、何かを手に入れたり、維持することができたとしても、その安定感が本当に自分にとって必要なものなのか、という疑問や不安を表現していると感じます。

安定している状況にあっても、苦しみを感じているという表現から、本来の自分自身が望んでいたものとは異なる道を選んでしまった可能性や、周囲の期待に添って自分を犠牲にしてしまった可能性が考えられます。

この一節は、安定を手に入れることができたとしても、それが本当に自分にとって必要であるかを問いかけ、自己探求や自分自身と向き合うことが重要であることを示唆していると感じます。人生は一度きりであり、自分自身が本当に望む道を選択することが重要であるというメッセージが含まれているとも捉えられます。

総合すると、この歌詞は安定している状況にあっても、本当に自分自身が望んでいることや必要としていることを見つめ直すことが大切であるというメッセージを含んでいると感じます。

ある種 切り開いたらなおさら 悪評は軽いバロメーター この歌詞はどういう思いだと感じますか?

「ある種 切り開いたらなおさら 悪評は軽いバロメーター」という一節は、新しいことに挑戦し、自分なりの道を切り開いた場合、その道を歩むうえで悪評や批判がつきものであることを示唆しています。

この一節は、人々が新しいことに挑戦する場合、必ずしも周囲からの評価が良いとは限らず、批判や悪評を浴びる可能性があることを伝えています。しかしながら、自分自身が信じる道を歩み続けることで、その批判や悪評はあくまで表面的なものであり、自分自身が確信を持って歩むことが重要であるということを伝えています。

また、「ある種 切り開いたらなおさら」という表現からは、新しいことに挑戦することが困難な状況であることが伺えます。しかしながら、その困難を克服し、自分自身が確信を持って進むことで、自分自身にとって新たな可能性を切り開くことができるという意味が込められています。

この歌詞は、新しいことに挑戦することの難しさや、周囲からの批判や悪評に対する覚悟を示唆しつつも、自分自身が信じる道を歩むことの重要性を伝えるメッセージを含んでいると感じます。

認めさせてあげる「評論者は化石」と この歌詞はどういう思いだと感じますか?

「認めさせてあげる『評論家は化石』」という一節は、前述した批判や悪評に対する覚悟を示しつつ、評論家や周囲からの評価に振り回されることなく、自分自身が信じる道を歩むことが重要であることを表しています。

「評論家は化石」という表現には、評論家や周囲の評価が時代に合わなくなり、現代においては役に立たなくなってしまったという意味が含まれています。この一節は、時代の変化に対応するためには、自分自身が新たな道を開拓し、新しい視点や発想を持ち続けることが必要であるということを表現しています。

また、「認めさせてあげる」という表現からは、周囲の評価を気にしすぎることや、自分自身がどうあるべきかを見失ってしまうことがあることを示唆しています。しかし、評価や批判に左右されず、自分自身が信じる道を歩むことで、自分自身の成長や発展を促すことができるという意味が込められています。

この歌詞は、自分自身が信じる道を歩むことが重要であることを表現するとともに、周囲の評価や批判に振り回されることなく、自分自身が持つ新たな視点や発想を大切にすることが必要であるというメッセージを含んでいると感じます。

水は止まれば 濁って行くよ 一度きりなら急ごう その洋服も 飽きてしまうよ 君が感じてる限り この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、人生において変化が必要であることを表現しています。一度水が止まれば、濁っていくように、何もせずにいれば自分自身も変化していきます。そこで、一度きりの人生なので、急いで変化を求めることが必要だと歌っています。また、その洋服も飽きてしまうように、自分自身が感じる限り、変化することが必要であるという思いが表現されています。人生において新しいことに挑戦し、成長していくことが大切であるというメッセージが含まれています。

堅いルートならば 誰でも光れるさ 見たことも無い様な 先端を作ろう この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、堅実なルートであっても誰でも輝くことができるというメッセージが込められています。しかし、それだけでは十分ではなく、未だ見たこともないような先端を作り出す必要性があるとも歌っています。つまり、自分自身が進んでいくルートを選び、新しいことに挑戦し、自分なりの成果を出すことが必要であるという思いが表現されています。既存のルートに囚われず、新しいことに積極的に取り組み、自分自身が発展していくことが求められているというメッセージが含まれています。

綺麗な花も枯れてしまうよ そんな姿見たくない 気に入った写真 色褪せてくよ まだ変われるね急ごう この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、美しい花であっても、時が過ぎれば必ず枯れてしまうことを表現しています。そうした自然の摂理に従って、自分自身も変化していかなければならないという思いが込められています。自分がその状態になってしまわないように、常に前向きに変化し続けることが必要であるというメッセージが含まれています。また、自分の過去の良い思い出も、時間が経てば色褪せてしまうことがあるということも歌われています。そうしたことから、今を大切にし、今できることを急いでやることが重要であるというメッセージが込められています。自分の可能性を信じて、前進し続けることが求められているという意味も含まれています。

でも一つだけ詞を残そう 僕である為に この歌詞はどういう思いだと感じますか?

最後の歌詞「でも一つだけ詞を残そう 僕である為に」は、自分自身を確認するために歌詞を残すことの意味を表しています。これは、過去の経験や変化にもかかわらず、自分のアイデンティティを見失わずに、自分自身を確認し続けることの重要性を表しています。また、この歌詞は、自分自身を見つけるためには、しばしば他人の評価や期待から自分自身を解放する必要があることも示唆しています。つまり、自分自身を確認するために、自分自身に忠実であることが必要であり、他人の評価に影響されることなく、自分自身の生き方を選ぶことが重要であると言えます。

おわり

AIによる歌詞の考察とあなたが思う考察にどれぐらい相違がありましたか?

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。