黒夢【Like A Angel】の歌詞とAIによる歌詞の考察

  1. ホーム
  2. 歌詞とAIによる考察
  3. 黒夢【Like A Angel】の歌詞とAIによる歌詞の考察

歌詞とAIによる歌詞の考察(この歌詞はどういう思いだと感じますか?)を載せていきます。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。

目次

歌詞

Like A Angel

作詞・作曲:清春 編曲:黒夢

窓から手を伸ばす少年の夜には
触る物全て興味を示してた
細かなプライドで髪を伸ばし始める
不安ばかりなのに気持ちはときめいたね


Just close my eyes.Just close my sky.
気が付けばいつの日か
Just close my life.Just close my sky.
窓のない部屋で 膝を抱えてる


例えばそう君が泣き崩れたとしても
空気変えるようなJokeも吐き出せない
せめて認めること恥じなかったその後
「正気の僕じゃない」心にそう言った


Open my eyes.Open my sky.
ふさぎ込む君を見て
Open my life.Open my sky.
水を得た様に胸が想い出す


天使の羽を広げ そびえる夢 飛び越えたい
幼き時を浮かべ 息を止めて 泳いでたい
天使の羽を広げ 遥かな夢 追い越せたら


初期衝動に 魅せられて 走り出した
僕の感性 いつまでも 閉じたくない


Don’t close my eyes.Don’t close my sky.
ベッドに隠して有る
Open your eyes.Open your sky.
ナイフをかざして窓を削るから


天使の羽を広げ そびえる夢 飛び越えたい
幼き時を浮かべ もがくように 泳いでたい
合図を出してくれた 君を連れて 飛び越えたい


天使の羽があれば 僕は歌い続けるだろう次の夢 飛び越えて行く

AIによる歌詞の考察

上記の歌詞全体を見てAIが感じたことを聞きました。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。ほぼ原文です。意味が分からない部分もそのまま載せています。

この歌詞は、少年の内面に焦点を当て、彼が自分自身と向き合い、自分の感性や願望を表現していることを示しています。

最初のスタンザは、少年が興味を持っているすべてのものに触れ、自分自身を探求することに没頭していることを示しています。彼は自分自身に不安を感じつつも、プライドを持って自分の髪を伸ばし始めます。このように、彼は自分自身に誇りを持ち、自分自身を認めることができます。

2番目のスタンザでは、彼が自分自身と向き合う中で、自分自身に閉じこもってしまっていることを示しています。彼は、自分自身を閉じ込め、孤独感を感じています。しかし、彼はそれでも自分自身を開放し、前に進むことを望んでいます。

3番目のスタンザでは、少年が他人に対して自分自身を表現することができないことを示しています。彼は自分自身を表現することができず、他人に笑われることを恐れています。しかし、彼は自分自身を認め、自分自身を受け入れることを決めます。

4番目のスタンザでは、彼が夢や願望を追い求めることを示しています。彼は、自分自身が何を望んでいるかを知り、その夢を追いかけることを決めます。

5番目のスタンザは、少年が自分自身を表現し、自分自身を受け入れることによって、自分自身の可能性を引き出すことができることを示しています。彼は、自分自身が持つ能力を信じ、夢や願望を追いかけることができます。

この歌詞は、自分自身を探求することや、自分自身を表現することが重要であることを示しています。また、夢や願望を追い求め、自分自身の可能性を引き出すことができることを示しています。少年の内面に焦点を当てることで、聴く人に自分自身を見つめ直すきっかけを与えることができるでしょう。

窓から手を伸ばす少年の夜には 触る物全て興味を示してた 細かなプライドで髪を伸ばし始める 不安ばかりなのに気持ちはときめいたね この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、成長や夢、そして人生の喜びと苦しみをテーマとしています。最初の二行は、少年が好奇心旺盛で、物事に興味を持っていることを表しています。三行目は、彼が細かなプライドを持っていて、髪を伸ばすことで自己表現を始めたことを表しています。最後の行は、彼が不安定である一方で、彼の気持ちはまだ未熟で純粋であることを表しています。

歌詞の後半では、主人公が誰かを支えることができない自分自身に失望しているように見えます。彼が言葉をかけることができなかったとき、彼は自分自身を責めています。しかし、彼が自分自身を受け入れることを決めた時、彼は自分が「正気の僕じゃない」と感じていることを認めます。この部分は、主人公が自分自身を許すことができるようになったことを示しています。

歌詞の最後では、主人公は天使の羽を持つことを望み、過去の夢を取り戻したいという強い欲求を表現しています。彼は自分自身の感性を大切にし、自分自身を閉じ込めたくないと思っています。この部分は、主人公が自分自身の運命を自分で作り出し、自分自身を開放したいという願望を表しています。

Just close my eyes.Just close my sky. 気が付けばいつの日か Just close my life.Just close my sky. 窓のない部屋で 膝を抱えてる この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、自分自身を閉じ込めてしまい、心の奥底に閉じ込めた感情に苦しむ様子を表現しているように感じられます。歌詞に登場する「窓のない部屋」は、外の世界との接触がなく、孤独な状態を象徴しています。また、「Just close my eyes」「Just close my sky」「Just close my life」などのフレーズは、自分自身を遮断するための言葉であることが伺えます。このような孤独な状況に陥った主人公は、自分自身との向き合い方に苦悩し、自分自身を閉じ込めていることに対して苦しみを感じているようです。

例えばそう君が泣き崩れたとしても 空気変えるようなJokeも吐き出せない せめて認めること恥じなかったその後 「正気の僕じゃない」心にそう言った この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、自分自身の内面に対する苦悩や葛藤を表現しているように感じられます。例えば、友人が泣いている状況に対して、何も言えない自分自身の無力さを感じ、自分自身を責めているようにも思えます。また、「空気変えるようなJokeも吐き出せない」というフレーズは、周りを笑わせることができない自分自身の不器用さを表現しているようにも思えます。

しかし、後半のフレーズ「せめて認めること恥じなかったその後 『正気の僕じゃない』心にそう言った」という部分では、自分自身を受け入れようとしているような気がします。自分自身が持つ不器用さや弱さを認め、受け入れることで、少しずつ自分自身と向き合っていこうとしている様子が感じられます。また、この部分には、「正気の僕じゃない」というフレーズがありますが、これは、周りからの評価や常識に縛られずに自分自身を表現したいという強い思いがあることを示しているようにも思えます。

Open my eyes.Open my sky. ふさぎ込む君を見て Open my life.Open my sky. 水を得た様に胸が想い出す この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、明るい未来を見据えるような前向きな気持ちを表現しているように感じます。”Open my eyes”や”Open my sky”というフレーズは、視野を広げ、前向きな思考に切り替えることを表しています。そして、”ふさぎ込む君を見て”というフレーズは、悩んでいる人を支えようとする優しさや思いやりを表しています。

また、”水を得た様に胸が想い出す”というフレーズは、何かを取り戻したような爽快感や喜びを表現しているように感じます。過去の出来事や思い出に立ち返り、それによって得られる力や希望を感じることができるという意味が込められています。

全体的に、この歌詞は過去の苦難を乗り越え、前向きな気持ちで未来に向かっていくことを表現していると言えるでしょう。

天使の羽を広げ そびえる夢 飛び越えたい 幼き時を浮かべ 息を止めて 泳いでたい 天使の羽を広げ 遥かな夢 追い越せたら この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、過去の夢や希望を追いかけ、成し遂げるために必要な勇気を表現したものと解釈できます。天使の羽を広げ、そびえる夢を飛び越えたいというフレーズは、自分の夢や目標に向かって飛躍することを表しています。幼き時を浮かべ、息を止めて泳いでたいというフレーズは、子供の頃のような純粋で自由な気持ちを再び呼び覚まし、自分自身を取り戻すことを表しています。そして、遥かな夢を追い越せたらというフレーズは、自分自身を超えて成し遂げたいという意志や野心を表現しています。全体的に、この歌詞は、過去の自分や夢を思い出し、自分自身を奮い立たせ、新たな夢に向かって進む勇気を与えるメッセージが込められていると感じられます。

初期衝動に 魅せられて 走り出した 僕の感性 いつまでも 閉じたくない この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、自分の初期の感情や衝動に魅せられて、自分自身の感性を大切にしていきたいという思いが込められていると感じられます。人生の初期の経験や感情は、後の自分の人生や人格形成に大きな影響を与えることがあります。歌詞の中の「初期衝動」という言葉は、自分が今まで感じた感情や経験に基づいて、自分が進むべき道を見出すことを意味しているように感じます。また、「僕の感性 いつまでも閉じたくない」というフレーズは、自分自身の感性や創造性を大切にし、それを失わないことを望んでいると感じられます。自分自身の感性を閉じ込めることなく、自由に表現できる場所や環境が必要であることを示唆しているとも解釈できます。

Don’t close my eyes.Don’t close my sky. ベッドに隠して有る Open your eyes.Open your sky. ナイフをかざして窓を削るから この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は暗い雰囲気が感じられます。まず、「Don’t close my eyes. Don’t close my sky.」という部分からは、自分自身の感覚や思考を閉じ込められることを避けたいという強い意志が表現されています。その後、「ベッドに隠して有る」というフレーズは、何かを隠しているという不穏なイメージを与えます。そして、「ナイフをかざして窓を削るから」という部分からは、暴力的な行動をとっているか、あるいは自分の感情にとても苦しんでいることが示唆されます。

この歌詞は、歌詞の中の人物が心に抱える悩みや苦しみによって、自分自身や周りの世界が閉じ込められてしまっていることを表現しています。ナイフをかざして窓を削るという行動は、自分自身の感情を開放するための抗議や解放のための象徴的な行為とも取れます。全体として、この歌詞は苦しみと、その苦しみからの解放への渇望を表現しています。

天使の羽を広げ そびえる夢 飛び越えたい 幼き時を浮かべ もがくように 泳いでたい 合図を出してくれた 君を連れて 飛び越えたい この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、夢や希望に向かって前進したいという思いを表現していると感じられます。最初の2行は、大きな夢を叶えるために障害を乗り越えたいという強い願望を表現しています。3行目は、過去の幼い頃の自分を思い出し、もがきながらでも夢を実現したいという決意を示しています。そして最後の2行は、誰かの助けを借りて、夢を共に叶えたいという願いを込めています。全体的に、歌詞は夢を叶えるために自分自身や周りの人たちと協力し、強く前進することの重要性を訴えていると感じられます。

天使の羽があれば 僕は歌い続けるだろう次の夢 飛び越えて行く この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、自分自身や自分が抱える夢や目標に向かって前進することを表現しています。天使の羽は、力強さや自由、そして理想や夢に向かって飛翔することをイメージさせます。歌詞には「次の夢を飛び越えて行く」という表現があり、自分自身を奮い立たせ、前進する意志を示しています。また、歌詞中に出てくる「歌い続ける」というフレーズは、歌手としての夢や目標を持っている人たちにとって、自分自身を表現する手段としての音楽や歌唱の重要性を表現しているとも解釈できます。

おわり

AIによる歌詞の考察とあなたが思う考察にどれぐらい相違がありましたか?

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。