黒夢【SICK-1997 BURST VERSION-】の歌詞とAIによる歌詞の考察

  1. ホーム
  2. 歌詞とAIによる考察
  3. 黒夢【SICK-1997 BURST VERSION-】の歌詞とAIによる歌詞の考察

歌詞とAIによる歌詞の考察(この歌詞はどういう思いだと感じますか?)を載せていきます。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。

歌詞

SICK-1997 BURST VERSION-

作詞:清春 作曲:人時 編曲:黒夢/佐藤宣彦

生理的苦痛 強要されたcomplex days
心地よい寒気 裸のparanoia


LAUGHTER LIAR sick sick sick sick
LAUGHTER LIAR sick sick sick sick
LAUGHTER LIAR sick sick sick sick
LAUGHTER LIAR sick sick sick sick


騙される前は恥じらえたcontrol room


LAUGHTER LIAR sick sick sick sick
LAUGHTER LIAR sick sick sick sick
LAUGHTER LIAR sick sick sick sick
LAUGHTER LIAR sick sick sick sick


頭をめぐる彼女の声よ 静かに
塞いだ耳が 次から次へ 笑うsick for me


LAUGHTER LIAR sick sick sick sick
LAUGHTER LIAR sick sick sick sick
LAUGHTER LIAR sick sick sick sick
LAUGHTER LIAR sick sick sick sick


見なくてもいい 歪んだ嘘を見つけた
狂った僕を 作った君が詞う


頭をめぐる 彼女の声よ静かに
塞いだ耳が 次から次へ 笑う
sick for me 「SICK」

AIによる歌詞の考察

上記の歌詞全体を見てAIが感じたことを聞きました。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。ほぼ原文です。意味が分からない部分もそのまま載せています。

この歌詞は、生理的な苦痛や精神的な不安、そして嘘をつく人々について描写された、暗く陰鬱な曲であると感じられます。

歌詞の冒頭では、主人公が「生理的な苦痛」と「複雑な日々」に苦しんでいることが述べられています。これは、主人公が何らかの心理的な圧力やストレスに直面しており、それが彼らの身体的な健康にも悪影響を及ぼしていることを示唆しています。

その後、歌詞は「裸のparanoia」という不安感について語っています。この表現は、主人公が自分自身や周囲の人々に対して信用を失っていることを暗示しています。また、「裸」という言葉は、主人公が自分の内面を露出し、脆弱な状態にあることを表現しています。

その後の「LAUGHTER LIAR」のフレーズは、誰かが嘘をついて笑っているという不快感や怒りを表現しています。このフレーズは何度も繰り返され、主人公の怒りや嫌悪感を強調しています。

歌詞の後半では、主人公が「彼女の声」というものに苦しんでいることが明らかになります。この声は、主人公が過去に経験した何かしらのトラウマや嫌悪感を引き起こしており、彼らの心理状態をさらに悪化させています。

最後に、「狂った僕を作った君が詞う」というフレーズが登場します。このフレーズは、主人公が何かしらの刺激によって自分自身を追い込んでしまったことを示唆しています。また、「君」という表現は、主人公が他人によって影響を受け、自己を失ってしまったことを表現しています。

総合すると、この歌詞は、主人公が自分自身や周囲の人々、そして自分を追い込んでしまった何らかの刺激によって苦しんでいることを表現しています。

生理的苦痛 強要されたcomplex days 心地よい寒気 裸のparanoia この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、主人公が内面的に苦しんでいる様子を描写しており、社会的なテーマを含んでいると言えます。

「生理的苦痛」や「強要されたcomplex days」というフレーズは、主人公がストレスや不快な感情に苦しんでいることを表しています。特に、「complex days」という表現は、主人公が複雑な状況に直面していることを示唆しており、現代社会の複雑さや競争社会によるプレッシャーを象徴的に表現していると解釈できます。

「心地よい寒気」や「裸のparanoia」といった表現は、主人公が自分自身の心理的な状態に戸惑っていることを示しています。特に、「裸のparanoia」は、主人公が不安や疑心暗鬼に陥っており、自分自身を露出してしまっているという自己否定的な感情を表現しています。

このように、歌詞は主人公が内面的に苦しんでいる様子を描写しており、現代社会や自己認識に対するテーマを含んでいると言えます。また、暗い雰囲気や感情表現によって、聴衆に共感を呼び起こす役割も果たしています。

LAUGHTER LIAR sick sick sick sick LAUGHTER LIAR sick sick sick sick LAUGHTER LIAR sick sick sick sick LAUGHTER LIAR sick sick sick sick この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞は、主人公が周囲の人々や社会に対して不信感や反感を抱いている様子を描写しています。

「LAUGHTER LIAR」は、「嘘をついて笑っている人」という意味を持ちます。この部分の歌詞では、このフレーズが繰り返されており、聞く者にとって不快なイメージを強調しています。主人公は周囲の人々を嘘をついていると見なしており、その態度に不快感を覚えていると解釈できます。

また、「sick sick sick sick」というフレーズが繰り返されることで、主人公の感情表現がより強調されています。このフレーズは、主人公が周囲の状況や人々に対して、不快感や不信感を強く抱いていることを表しています。

このように、歌詞は主人公が周囲に対して不信感や反感を抱いている様子を描写しており、社会的なテーマや個人的な感情表現を含んでいると言えます。また、繰り返されるフレーズや強調される表現によって、聴衆に主人公の感情を強く印象付ける役割も果たしています。

騙される前は恥じらえたcontrol room この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞は、主人公が騙される前の自分自身を振り返り、自分が持っていたコントロールできる部分や自己防衛機能を思い出している様子を描写しています。

「騙される前は恥じらえたcontrol room」の部分で、「騙される前」という言葉が出てきます。これは、主人公が何かに騙され、傷ついた経験があることを示しています。また、「恥じらえた」という言葉からは、騙される前の主人公が自分自身を自信を持って表現できていた様子が伝わってきます。

さらに、「control room」は、コントロールできる部分や自己防衛機能を表しています。主人公は、騙される前の自分が自己防衛機能を持っていたことを思い出しており、現在の自分がそうでないことに苦悩している様子が伝わってきます。

この部分の歌詞は、主人公が自分自身の弱さや傷つきやすさを反省しながら、自分自身を取り戻すための自己防衛機能を再び身につけようとしている様子が描かれています。また、騙される前の自分を懐かしく思い出していることから、主人公の過去の自分自身への憧れや、現在の自分自身への苦悩が感じられます。

LAUGHTER LIAR sick sick sick sick LAUGHTER LIAR sick sick sick sick LAUGHTER LIAR sick sick sick sick LAUGHTER LIAR sick sick sick sick この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞は、主人公が周りの人たちの嘘や偽善に苦しんでいる様子を表しています。

「LAUGHTER LIAR」というフレーズは、周りの人たちが偽笑いをしているように見えることを示しています。また、「sick sick sick sick」という言葉は、主人公が周りの人たちの偽善や嘘に心底吐き気を催していることを表しています。

主人公が「LAUGHTER LIAR」を繰り返すことで、周りの人たちが笑いながら主人公を嘲笑ったり、虐めたりすることを示唆しています。主人公は、周りの人たちが自分に対して偽善的であることに苦しんでおり、それが彼を病んでいく原因の一つとなっています。

この部分の歌詞は、主人公が孤独や不信感に苦しんでいる様子を表しており、彼が周りの人たちとの関係を失ってしまったことを表しています。主人公が「LAUGHTER LIAR」を繰り返すことで、自分自身の感情を表現し、それに共感する人々を呼び起こすと同時に、主人公自身が自分自身を取り戻すきっかけとなることを示しています。

頭をめぐる彼女の声よ 静かに 塞いだ耳が 次から次へ 笑うsick for me この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞は、主人公が自分の頭の中で聞こえる「彼女の声」と、それに続く周りの人々の嫌がらせや嘲笑に苦しんでいる様子を描写しています。

「頭をめぐる彼女の声よ 静かに」というフレーズは、主人公が自分の頭の中で聞こえる声について表現しています。その声が何者であるかは不明ですが、主人公にとっては重荷となっており、周りの人たちの嘲笑や攻撃とともに苦痛を与えていることがわかります。

「塞いだ耳が 次から次へ 笑うsick for me」というフレーズは、周りの人たちが主人公を嘲笑ったり攻撃したりする様子を表現しています。主人公が自分の耳をふさいでしまっていることから、周りの人たちの攻撃がますます激しくなっていることが伺えます。そして、「笑うsick for me」というフレーズは、周りの人たちが主人公が苦しんでいることを楽しんでいるように見えることを表しています。

この部分の歌詞は、主人公が孤独や苦痛に苦しんでいる様子を描写しており、周りの人たちからの攻撃や嫌がらせに苦しんでいることが明らかになっています。また、「sick for me」というフレーズが何度も繰り返されることで、主人公が自分自身を受け入れることができず、周りの人たちの攻撃に翻弄されていることが示されています。

LAUGHTER LIAR sick sick sick sick LAUGHTER LIAR sick sick sick sick LAUGHTER LIAR sick sick sick sick LAUGHTER LIAR sick sick sick sick この歌詞はどういう思いだと感じますか?

このフレーズは、前半の歌詞に登場する「LAUGHTER LIAR」を繰り返し、病気や痛みのような「sick」を4回続けて表現しています。歌詞の前半には、不快感や精神的な苦痛を表現する言葉が多く含まれており、それがこのフレーズの意味を強めています。また、繰り返しのリズムとメロディーは、聴衆の心に強い印象を残すことができます。このフレーズは、歌詞全体の不快感や精神的な苦痛を表現する重要な部分であり、聴衆にとっては強烈な印象を残すものとなっています。

見なくてもいい 歪んだ嘘を見つけた 狂った僕を 作った君が詞う この歌詞はどういう思いだと感じますか?

このフレーズは、自分自身や他人に対する嘘や偽り、そしてそれによって引き起こされる混乱や狂気についての歌詞となっています。歌詞には「歪んだ嘘」という言葉が使われており、それが見つかったことで「見なくてもいい」と感じていることが表現されています。また、その嘘によって自分自身が狂気に陥ってしまったことを、「狂った僕を作った君が詞う」という表現で表現しています。このフレーズは、過去の嘘や虚偽によって生じた混乱や苦痛、そしてそれによって傷ついた人々の心情を表現しており、聴衆に深い感銘を与えることができるものとなっています。

頭をめぐる 彼女の声よ静かに 塞いだ耳が 次から次へ 笑う sick for me 「SICK」 この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、歌詞の主人公が自分の心の中にある人物と戦っている様子を描写しています。最初の2つの行では、身体的な苦痛と混乱した日々を経験したことが示唆されています。次に、「LAUGHTER LIAR sick sick sick sick」というフレーズが繰り返されていますが、これは主人公が自分を取り巻く世界を見て、嘘をつく人々を見ていることを表しています。このフレーズは、主人公が現実の世界を見ていると同時に、自分の心の中にある人物との戦いに関するものでもあるようです。

「騙される前は恥じらえたcontrol room」という行は、主人公が以前は自分の感情や行動をコントロールできていたことを示していますが、何かに騙されたことによって、そのコントロールが失われてしまったことを表しています。

「頭をめぐる彼女の声よ 静かに 塞いだ耳が 次から次へ 笑うsick for me」という部分は、主人公が自分の中にある声と戦っていることを表しています。主人公は、自分の耳をふさぎ、彼女の声を静かにしていますが、それでもその声が彼を襲い、病気にさせることを示唆しています。また、「SICK」という言葉は、主人公が苦しんでいることを強調するために繰り返されています。

最後の2つの行では、「見なくてもいい 歪んだ嘘を見つけた 狂った僕を 作った君が詞う」というフレーズが繰り返されていますが、これは主人公が自分の心の中にある人物によって狂わされたことを示しています。主人公は、その人物が自分を騙し、狂わせたことを憎んでいますが、同時にその人物の言葉にも耳を傾けています。

この歌詞は、主人公が自分の心の中で戦っていること、そして外界と自分の心の中での戦いが重なり合っていることを表現しています。また、主人公が自分の中にある人物に翻弄されている様子が描かれています。全体的に、不安や混乱、苦しみに満ちた感情が表現されています。

おわり

AIによる歌詞の考察とあなたが思う考察にどれぐらい相違がありましたか?

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。