黒夢【MARIA】の歌詞とAIによる歌詞の考察

  1. ホーム
  2. 歌詞とAIによる考察
  3. 黒夢【MARIA】の歌詞とAIによる歌詞の考察

歌詞とAIによる歌詞の考察(この歌詞はどういう思いだと感じますか?)を載せていきます。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。

目次

歌詞

MARIA

作詞・作曲:清春 編曲:黒夢/土方隆行

昨日の夢から 逃げ回ってる
頭の中では 解り切ってる
「右向け右」なんてもうたくさんで
きれいなレールを 踏みはずしてる


デタラメばかりが 寄り付いてくる
心の中では 噛み殺してる
ぶざまな飼い犬に なり下がりそう
自分の名前も 言えない様な


遠い昔 おとぎ話で 聞いてた
君が もしも 事実 存在するのなら


MARIA いたずらな答えに戸惑う 僕が見えるよ
MARIA ありがちな間違いだったと 伝えておくれ
MARIA 生まれつき 器用になれない 意味を少しだけ
MARIA 教えてよ 終わりも知らない 綱渡りの僕に


昨日の夢から 逃げ回ってる
頭の中では 殺気立ってる
痛手を負うのは 恐くないけど
OH MARIA、出来ることなら どうか近くに


明日も大人達は 記憶喪失
当たり障りのない詞、押しつける
混ざってしまえば 楽になるだろう
でも、僕には 死ぬまで許せないだろう


風の音が 君の居場所を 隠すよ
もしかしたら 逢える はずもないMY『SISTER』
「回り道は とても 気が遠くなるね」
口をついた言葉 どこかで知ったなら


MARIA 訪れた危険に微笑む 姿を見たよ
MARIA 予期せぬNEWSに泣いてる 僕の真上に
MARIA 柔らかな両手におぼれる 一瞬だけで
MARIA 救われる気がする「昨日の夢」も消えるさ


MARIA


MARIA いたずらな答えに戸惑う 僕が見えるよ
MARIA ありがちな問違いだったと 伝えておくれ
MARIA 生まれつき 器用になれない 意味を少しだけ
MARIA 教えてよ 終わりも知らない 綱渡りの僕に


MARIA 作られた世界を壊して
優しい涙を下さい
MARIA 生まれつき 器用になれない
僕のそばにいて下さい
MARIA まだ見ぬすべてに

AIによる歌詞の考察

上記の歌詞全体を見てAIが感じたことを聞きました。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。ほぼ原文です。意味が分からない部分もそのまま載せています。

この歌詞は、夢から逃げ回りながらも、自分自身の内面に向き合いながら成長していく若者の心情を描いていると感じます。歌詞の中では、大人たちが当たり障りのない言葉を押し付ける中で、自分自身の感情に向き合うことができなくなってしまっている状況が描かれています。その中でも、主人公は自分自身の内面に向き合おうと努力している様子が見て取れます。

特に、「MARIA」というキーワードが歌詞の中で頻繁に登場し、主人公が誰かに助けを求めているように感じられます。また、「MARIA」という名前が夢の中でも現れ、現実と夢の境界線が曖昧になっている様子も描かれています。

歌詞の中で、主人公は自分自身の感情を噛み殺し、デタラメばかりが寄り付いてくる状況に苦しみながらも、自分自身を取り戻すために奮闘している様子が描かれています。歌詞の中で、「遠い昔、おとぎ話で聞いた君がもしも存在するのなら」というフレーズが登場し、現実と夢の間にある希望を表しているように感じられます。

最後に、主人公が「MARIA」と呼びかけ、自分自身の内面に向き合いながらも、他者との関係性を大切にしようとする姿勢が描かれています。この歌詞は、若者たちが自分自身を見つめ直し、自分自身と向き合いながらも、他者とのつながりを大切にして成長していく様子を描いた歌詞だと感じられます。

昨日の夢から 逃げ回ってる 頭の中では 解り切ってる 「右向け右」なんてもうたくさんで きれいなレールを 踏みはずしてる この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、自分自身と向き合う中で、過去の自分との葛藤や逃げ回るような感情を表現していると感じられます。昨日の夢から逃げ回っているというのは、過去の出来事や過去の自分自身から逃げているようなイメージを想起させます。一方で、頭の中では解り切っているというのは、自分自身には答えがあるにもかかわらず、それに向き合うことを拒んでいるような感情を表しているようにも感じます。

「右向け右」なんてもうたくさんで、きれいなレールを踏みはずしているというのは、社会的な規範や決まり事に従うことに疲れ、自分自身の軌道から外れてしまったような感覚を表現しています。これは、自分自身が本来進むべき道を見失ってしまっていることを示唆しています。

全体的に、この歌詞は自分自身と向き合い、自分自身を見つめ直すことの重要性を訴えているように感じられます。過去に逃げたり、自分自身が進むべき道を外れたりしてしまったことを反省し、自分自身と向き合いながら、自分自身を再構築していくことが必要であるというメッセージが込められていると言えるでしょう。

デタラメばかりが 寄り付いてくる 心の中では 噛み殺してる ぶざまな飼い犬に なり下がりそう 自分の名前も 言えない様な この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、自分の内面に抱える葛藤や自己否定について表現していると感じられます。デタラメな考えや感情が次々と心に寄り付き、自分自身がぶざまな飼い犬のようになり下がってしまうと感じているようです。また、自分自身の存在やアイデンティティについても不安を感じており、自分の名前ですら言えないと表現しています。

このような感情は、社会的な圧力や自己評価の低さなど、様々な要因から引き起こされることがあります。この歌詞は、そうした感情に苦しむ人たちに対して、彼らが抱える問題に向き合い、自分自身を肯定することの大切さを訴えかけているようにも感じられます。

遠い昔 おとぎ話で 聞いてた 君が もしも 事実 存在するのなら この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞は、幼い頃に聞いたおとぎ話や夢想が現実に存在する可能性についての疑問や憧れが表現されています。また、もしもそんな存在が現れたとしても、それが本当に望むものなのかという不安や戸惑いも感じられます。この部分は、理想や憧れを追い求める人間の心情を表現していると解釈することができます。

MARIA いたずらな答えに戸惑う 僕が見えるよ MARIA ありがちな間違いだったと 伝えておくれ MARIA 生まれつき 器用になれない 意味を少しだけ MARIA 教えてよ 終わりも知らない 綱渡りの僕に この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、MARIAという女性に向けられた男性の想いを歌ったものです。彼はMARIAの前では、いたずらっぽい返答やありがちな間違いをしてしまい、戸惑っています。同時に、彼は生まれつき器用ではなく、綱渡りのように難しい状況にいることを告白しています。彼はMARIAに、自分を受け止めてほしいと願っているようにも感じられます。

この歌詞は、恋愛においての自己肯定感の欠如や、相手への不安や不安定な気持ちを表現しているとも解釈できます。彼が「生まれつき器用になれない」と歌っているのは、自分に自信がなく、自分を認めてもらえるか不安な状況を表しているのかもしれません。最後に彼が「教えてよ 終わりも知らない 綱渡りの僕に」と歌っているのは、MARIAに支えられ、彼女の導きを仰ぎながら自分自身を見つめ、進んでいくという希望を込めたものとも感じられます。

昨日の夢から 逃げ回ってる 頭の中では 殺気立ってる 痛手を負うのは 恐くないけど OH MARIA、出来ることなら どうか近くに この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、主人公が現実から逃げ回っていることを歌っています。彼は頭の中で激しい感情を抱えているようですが、その感情を直視することを怖がっています。一方で、彼は痛みを受けることには恐怖を感じないようで、それでも心の中に何かが欠けているように感じています。彼は”MARIA”という人物に対して、自分に近くいてほしいと願っているようです。”MARIA”が誰なのかは不明ですが、彼女に対する願いは、孤独や苦痛からの救いを求める主人公の内面の葛藤を表現しているようです。

明日も大人達は 記憶喪失 当たり障りのない詞、押しつける 混ざってしまえば 楽になるだろう でも、僕には 死ぬまで許せないだろう この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、大人たちが表面的でつまらない歌詞や言葉遣いに満ちた現代社会を批判していると感じられます。歌詞には、「明日も大人たちは記憶喪失」とあり、大人たちが自分たちの過去や歴史を忘れ、表面的なものだけを追い求める現状が描かれています。また、「当たり障りのない詞、押しつける」という表現から、音楽やメディア業界が大衆に受け入れられるような作品や情報を押し付け、自己表現や自己実現を阻害していることが伝わってきます。

さらに、「混ざってしまえば楽になるだろう」という表現から、大衆が同調しあって自分たちの個性を失ってしまうことについての問題意識がうかがえます。そして、最後には、「でも、僕には死ぬまで許せないだろう」という表現があり、主人公がこの現状に抗議し、自分自身を貫く決意を示していることが伝わってきます。全体的に、この歌詞は、表面的なものに流されずに自己表現を貫くことの大切さを訴えていると感じられます。

風の音が 君の居場所を 隠すよ もしかしたら 逢える はずもないMY『SISTER』 「回り道は とても 気が遠くなるね」 口をついた言葉 どこかで知ったなら この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、失われた人との再会を願いながらも、現実的な自覚と葛藤が表現されていると感じられます。歌詞の中で、「風の音が 君の居場所を 隠すよ」というフレーズは、まるで風に吹かれて姿を見失った相手を思い描いているかのように感じられます。そして、「もしかしたら 逢える はずもないMY『SISTER』」というフレーズは、再会を望みつつも現実的にはその可能性が低いことを自覚している様子が伺えます。

一方で、「回り道は とても 気が遠くなるね」というフレーズは、再会を果たすために必要な過程が苦しいことを表現していると感じられます。そして、「口をついた言葉 どこかで知ったなら」というフレーズは、過去の思い出や記憶についても触れており、失われた人との関係や接点を思い出すことの難しさが表現されていると感じられます。

全体的に、失われた人との再会を願いつつも、現実的な自覚や葛藤、そして過去の思い出や記憶についての複雑な感情が表現された歌詞となっています。

MARIA 訪れた危険に微笑む 姿を見たよ MARIA 予期せぬNEWSに泣いてる 僕の真上に MARIA 柔らかな両手におぼれる 一瞬だけで MARIA 救われる気がする「昨日の夢」も消えるさ この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、MARIAという人物に対する複雑な感情が表現されていると感じられます。歌詞の中で、MARIAは危険に微笑み、予期せぬニュースに泣いているように描かれています。一方で、MARIAの柔らかな両手におぼれることで救われる気がするという、温かくポジティブな感情も表現されています。

このような矛盾する感情の表現は、MARIAが主人公にとって特別な存在であることを示していると解釈できます。一方で、「昨日の夢」が消えるというフレーズから、主人公が現実と夢の境界線に悩んでいることも伺えます。

また、歌詞の中で「姿を見たよ」「僕の真上に」といった表現が用いられることから、主人公とMARIAの関係が身近なものである可能性があります。しかし、歌詞の中で具体的な背景や物語の設定が示されていないため、聴く人によって解釈が異なるかもしれません。

MARIA この歌詞はどういう思いだと感じますか?

「MARIA」は、愛する人を思いながら、彼女に近づくことへの恐れと、彼女との出会いが彼に与えた救いと感謝の気持ちを表現した歌詞です。歌詞の中では、彼女に危険が迫り、彼女に寄り添うことができない自分に対して苦悩していますが、同時に彼女の優しさによって救われることを感じています。また、彼女との出会いが彼にとって大きな意味を持っていることを示し、「昨日の夢」も彼女との出会いによって消えていくという希望を表現しています。全体的に、この歌詞は愛する人とのつながりと、その存在が与える救いと希望に焦点を当てた感情表現がされています。

MARIA いたずらな答えに戸惑う 僕が見えるよ MARIA ありがちな問違いだったと 伝えておくれ MARIA 生まれつき 器用になれない 意味を少しだけ MARIA 教えてよ 終わりも知らない 綱渡りの僕に この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、誰かに対して「助けてほしい」「教えてほしい」という願望や、自分自身に対する不安や迷いを歌ったものと思われます。MARIAという名前を呼びかけることで、具体的な人物や存在に向けた想いが表現されています。歌詞の中で「いたずらな答えに戸惑う」「ありがちな問違いだった」というフレーズが登場し、相手からの返答や誤解によって戸惑いや疲れを感じていることが伝わってきます。また、「生まれつき器用になれない」「終わりも知らない綱渡りの僕に」といった表現から、自分自身に自信を持てない部分や、不安定な状況に置かれていることを歌っていると解釈できます。全体的には、助けや支えを求める人の葛藤や孤独感、不安定な状況に対する葛藤が表現されていると感じられます。

MARIA 作られた世界を壊して 優しい涙を下さい MARIA 生まれつき 器用になれない 僕のそばにいて下さい MARIA まだ見ぬすべてに この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、MARIAという存在に対する願望や感謝、そして不安が表現されていると思われます。最初の2行では、現実世界の中で自分自身が感じる違和感や不満を、MARIAに向かって訴えかけています。そして、「生まれつき器用になれない」という自分自身の弱さを認めつつ、MARIAに「そばにいてほしい」と願いを託しています。最後には、「まだ見ぬすべてに」という言葉が示すように、MARIAに対する期待や希望を込めた表現が用いられています。全体的には、MARIAに対して自分自身の弱さや不安を打ち明けつつ、彼女に支えてほしいという思いが込められているように感じます。

おわり

AIによる歌詞の考察とあなたが思う考察にどれぐらい相違がありましたか?

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。