黒夢【Unlearned Man-1998 CRAZY FIRE VERSION-】の歌詞とAIによる歌詞の考察

  1. ホーム
  2. 歌詞とAIによる考察
  3. 黒夢【Unlearned Man-1998 CRAZY FIRE VERSION-】の歌詞とAIによる歌詞の考察

歌詞とAIによる歌詞の考察(この歌詞はどういう思いだと感じますか?)を載せていきます。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。

目次

歌詞

Unlearned Man-1998 CRAZY FIRE VERSION-

作詞・作曲:清春 編曲:黒夢/土方隆行

Shameful React 群衆の声
Delicateは彼を育ててた


無機質と無才の肉声
欲しければ遺伝子を探してくれ
混ざってる中肉中背の種
余りにも良くある身勝手さ


風向きに狙われる They envied his motion
それとなく真似をした Copy doll 増殖


Unlearned Man,His sense is marvelous,marvelous
Unlearned Man,His sense is marvelous,marvelous


Veludoでくるんだ感性
着せ替える見せ物なんて最低さ
Persuade-Expression それ以外は要らない
自由自在 ぶち殺せ Curriculum


背水の陣で眠れ 外気は猛毒
父は脳を、母は優を与えてくれた


Unlearned Man,His sense is marvelous,marvelous
Unlearned Man,His sense is marvelous,marvelous


Sympathy 寄生虫の声
Delicateな 彼はある日僕になる


風向きに 攻められて They envied my emotion
「出る釘は打たれるの」 優越にひたる


Unlearned Man,His sense is marvelous,marvelous
Unlearned Man,His sense is marvelous,marvelous
Unlearned Man,His sense is marvelous,marvelous
Unlearned Man,His sense is marvelous,marvelous
Unlearned Man,My sense is marvelous,marvelous
Unlearned Man,My sense is marvelous,marvelous

AIによる歌詞の考察

上記の歌詞全体を見てAIが感じたことを聞きました。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。ほぼ原文です。意味が分からない部分もそのまま載せています。

この歌詞は、個人的な才能や感性を独自に育んできた人が、周りから妬まれ、攻撃される様子を描いているように感じます。彼を育ててきた「繊細」なものや「感性」は、他者からは「無機質」と見られており、彼自身も「無才」と自己評価しているようです。しかし、彼の「感性」や「曲作り」には素晴らしいものがあり、それを真似する人々が現れ、彼の存在感はますます増していきます。しかし、彼自身は「着せ替える見せ物」であることを嫌悪しており、「自由自在」に自分らしい音楽を作り続ける決意を表明しています。

この歌詞からは、他者から評価されなかったり攻撃されたりすることがあっても、自分の才能や感性を信じ、自己表現を続けることの大切さを感じます。また、他者に寄生されることなく、自分自身の思考や感性を大切にすることが、真の自由となり、自分らしい表現を生み出すことができるというメッセージも含まれているように思います。

Shameful React 群衆の声 Delicateは彼を育ててた ここの歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、繊細でデリケートな人が、周囲からの群衆の批判や攻撃に苦しんでいる様子を描いているように感じます。彼を育ててきた「繊細」なものが彼の個性を形成しているがゆえに、周囲からは理解されず攻撃されてしまうという状況を表現しています。

この歌詞からは、繊細でデリケートな人が、世の中の様々なプレッシャーや攻撃にさらされても、自分自身を信じ、自分の感性やアイデンティティを守ることの大切さが感じられます。また、個性的であることが周囲から受け入れられない時でも、自分自身の才能や感性を磨き続け、自己実現を目指すことが大切であることが示されているように感じます。

無機質と無才の肉声 欲しければ遺伝子を探してくれ 混ざってる中肉中背の種 余りにも良くある身勝手さ この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞からは、周囲からの否定的な声やプレッシャーに苦しんでいる人々を描いているように感じます。特に、無才であるとか、遺伝子に問題があるというような否定的な言葉や、一般的な平凡な人間であることを貶めるような言葉が使われています。

そのような状況に置かれた人々が、自分自身を肯定することや自分なりの才能やアイデンティティを見出すことの大切さが示唆されています。また、身勝手な価値観や偏見を持つ人々が多い社会において、自分自身を信じることが重要であるというメッセージも含まれているように感じます。

風向きに狙われる They envied his motion それとなく真似をした Copy doll 増殖 この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞からは、成功や才能を持つ人々が周囲から妬まれ、真似をされることがあるということが描かれているように感じます。例えば、「風向きに狙われる」という表現は、周囲の人々が彼の成功や才能に嫉妬し、攻撃的な態度をとっていることを表しています。

また、「それとなく真似をした Copy doll 増殖」という表現は、彼を真似する人々が増えていることを表しています。このような状況に置かれることで、彼自身は孤独感を味わうかもしれません。成功や才能があることは、一方で妬まれたり真似されたりすることを招くことがあるということを描き、社会的な問題を浮き彫りにしているように感じます。

Unlearned Man,His sense is marvelous,marvelous Unlearned Man,His sense is marvelous,marvelous この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、教育や学歴などに依存しない人の才能や感性について言及していると感じます。”Unlearned Man”というフレーズは、「学ばなかった男性」という意味がありますが、これは学歴や教育レベルにかかわらず、彼の感性が非常に素晴らしいということを表していると解釈できます。

さらに、「His sense is marvelous, marvelous」という表現は、彼の感性が非常に素晴らしいことを強調しています。このような表現は、彼の感性に対する賞賛を示していると同時に、一般的な社会的な権威や評価基準を超越して、本質的な才能や感性を評価することの重要性を示唆しているように感じます。この歌詞は、社会的な枠組みにとらわれない本質的な才能や感性を称賛するとともに、人々が自由に自分らしく生きることの重要性を訴えるメッセージを含んでいると感じられます。

Veludoでくるんだ感性 着せ替える見せ物なんて最低さ Persuade-Expression それ以外は要らない 自由自在 ぶち殺せ Curriculum この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、個人の感性を天鵞絨(Veludo)で包み込み、他人の見せ物や嘘っぽい表現に惑わされず、自由自在に自己表現をすることの大切さを表現していると感じます。また、この自己表現のためには教科書的なルール(Curriculum)に囚われることなく、自分自身をぶつけることが必要だという思いが込められているとも捉えられます。この歌詞は、個人の感性と自己表現に対する自由への強い願望を表現したものと言えます。

背水の陣で眠れ 外気は猛毒 父は脳を、母は優を与えてくれた この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、逆境に立ち向かう覚悟を表現していると感じます。”背水の陣”とは、敵が迫ってきた際に、最後の力を振り絞って戦うことを指す言葉です。この表現からは、窮地に立たされた状況であっても、決して諦めずに自らの意思で戦い抜こうという意志が感じられます。一方で、”外気は猛毒”という表現からは、厳しい現実や周囲の環境がどれほど厳しいものであるかが描かれています。そのような中で、”父は脳を、母は優を与えてくれた”という一節からは、自分を支えてくれた家族や環境に感謝する気持ちが感じられます。この歌詞は、厳しい現実に立ち向かいながらも、自らの意思で戦い抜こうという強い覚悟と、家族や周囲の環境に感謝する気持ちを表現したものと言えます。

Sympathy 寄生虫の声 Delicateな 彼はある日僕になる この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、他人からの憧れや嫉妬によって影響を受けた人物が、その影響を受けた人物の感性や才能を持つようになっていくというストーリーを描いていると感じられます。特に、”Sympathy 寄生虫の声”というフレーズは、周りの人々が彼の才能を利用しようとしているという描写を示しているように思えます。そして、”Delicateな 彼はある日僕になる”というフレーズは、この主人公が自分自身のアイデンティティを見失って、周りからの影響に従ってしまう様子を表現しているようにも感じられます。全体的に、この歌詞は社会や周囲の環境にどのように影響を受けるかという問題を探求していると解釈できます。

風向きに 攻められて They envied my emotion 「出る釘は打たれるの」 優越にひたる この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞は、群衆の中で個性を出すことの難しさや、それによって嫉妬や優越感を持つ人々から攻撃を受ける可能性があることを表しています。風向きに狙われるという表現から、周りの状況や人々の意見によって自分自身が攻撃されることを意味しています。また、「出る釘は打たれる」という言葉は、自分が周りと異なる個性を持つことで攻撃を受けることがあるということを暗示しています。一方で、「優越にひたる」という表現は、攻撃を受けたことで自分自身を守るために優越感に浸ることを表しており、群衆の圧力に対する自己防衛の一面を示しています。

Unlearned Man,His sense is marvelous,marvelous Unlearned Man,His sense is marvelous,marvelous Unlearned Man,His sense is marvelous,marvelous Unlearned Man,His sense is marvelous,marvelous Unlearned Man,My sense is marvelous,marvelous Unlearned Man,My sense is marvelous,marvelous この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は「Unlearned Man」という人物の名前を繰り返し唱え、最後に「自分自身がUnlearned Manであり、彼のように素晴らしい感性を持っている」と主張する内容です。

「Unlearned Man」とは、教育や学問を受けていない人物を指す言葉であり、歌詞の中で彼の感性が「marvelous(驚くべき)」であることが強調されています。また、最後に「自分自身がUnlearned Manであり、彼のように素晴らしい感性を持っている」と主張することで、教育や学問の重要性を問いかけるとともに、学問や知識を持たない人でも素晴らしい感性を持っていることがあるというメッセージを示しているとも解釈できます。

おわり

AIによる歌詞の考察とあなたが思う考察にどれぐらい相違がありましたか?

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。