黒夢【意志薄弱】の歌詞とAIによる歌詞の考察

  1. ホーム
  2. 歌詞とAIによる考察
  3. 黒夢【意志薄弱】の歌詞とAIによる歌詞の考察

歌詞とAIによる歌詞の考察(この歌詞はどういう思いだと感じますか?)を載せていきます。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。

目次

歌詞

意志薄弱

作詞/旋律:清春 曲:人時

AH溢れ出す 醜さよ 淫らさよ 僕の事 犯して
AH晒け出す 愚かさよ 哀れさよ 僕の事 笑って


枕元浮かぶ 複数の恨み夢
名前も忘れた「誰か」という記憶


一点が曇り 次見る君拒絶し
時は裏腹と全てあてはめよう


あやふやな耳なりに 割りきれず信じてた
君からは伝えたい 僕だけの真実を


霧に囲まれた人格を出しきれば
散らばる IMAGE 正しさを持てる


初めから 解ってた なり切れぬ善人と
それならば 生涯に 揺るがない足跡を


AH一溢れ出す 醜さよ 淫らさよ 僕の事 犯して
AH一晒け出す 愚かさよ 哀れさよ 僕の事 笑って


CRYING MY XXXX HEART


AH溢れ出す 醜さよ 淫らさよ 僕の事 犯して
AH一晒け出す 愚かさよ 哀れさよ 僕の事 笑って


AH滲み出る 無力さよ 無能さよ 僕だけは 犯して
AH一零れ出る 女々しさよ 薄弱よ 僕だけを 笑って

AIによる歌詞の考察

上記の歌詞全体を見てAIが感じたことを聞きました。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。ほぼ原文です。意味が分からない部分もそのまま載せています。

この歌詞は、作者の内面にある葛藤や苦しみが込められたものと思われます。醜さや淫らさ、愚かさや哀れさなど、自分自身を貶める言葉が多く使われており、自己嫌悪や自己否定の感情が強く表現されています。

また、複数の恨み夢や記憶の中の「誰か」という存在が登場し、作者が抱えるトラウマや過去の出来事についても暗示されています。

一方で、「君からは伝えたい 僕だけの真実を」という一節があり、他者とのコミュニケーションや自分自身との向き合い方についても描かれていると思われます。

全体的に暗く、不安定な内面が表現されている歌詞であると言えます。

AH一溢れ出す 醜さよ 淫らさよ 僕の事 犯して AH一晒け出す 愚かさよ 哀れさよ 僕の事 笑って はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、作者自身に対する強い自己嫌悪と自己否定、そして自己暴力的な思考が表現されていると感じられます。例えば「醜さよ」「淫らさよ」「愚かさよ」「哀れさよ」といった言葉は、作者が自分自身を貶め、罵りつつも、同時にそのような自分を受け入れざるを得ない苦しみがあることを示唆しています。

また、「犯して」「笑って」という言葉が繰り返されることで、作者が自分自身を攻撃するだけでなく、周囲の人々から攻撃され、笑われることを予測し、それを受け入れるという態度も示唆されています。

一方で、最後の「CRYING MY XXXX HEART」というフレーズは、作者の内面に蓄積された感情が爆発するような様子を表現しているようにも感じられます。

全体的に、作者の内面には強い不安や孤独、自己嫌悪が渦巻いていることが伝わってきます。

枕元浮かぶ 複数の恨み夢 名前も忘れた「誰か」という記憶 はどういう思いだと感じますか?

この部分は、作者が過去に経験した何らかのトラウマや傷を示唆していると感じられます。例えば「枕元浮かぶ 複数の恨み夢」というフレーズは、作者が寝ている時にも、そのトラウマや傷を忘れることができず、それが夢に現れることを表現しています。

また、「名前も忘れた『誰か』という記憶」というフレーズは、作者がトラウマや傷を引き起こした人物を思い出せず、その出来事自体が曖昧であることを示唆しています。

この部分を通して、作者が過去の出来事についてはっきりとした記憶を持っていないものの、それでもその出来事が彼に深い傷を残していることが伝わってきます。

一点が曇り 次見る君拒絶し 時は裏腹と全てあてはめよう はどういう思いだと感じますか?

この部分は、作者が過去に受けた傷やトラウマによって、他人を拒絶してしまう様子を表現していると感じられます。「一点が曇り 次見る君拒絶し」というフレーズは、作者が過去の出来事によって傷ついた部分があり、それが彼が他人を受け入れることを妨げていることを示唆しています。

「時は裏腹と全てあてはめよう」というフレーズは、作者が過去の出来事によって形成された固定観念や偏見によって、現在の状況を判断していることを表しています。このように、作者が過去の出来事によって影響を受け、それが彼の人間関係や人生に影響を与えていることが伝わってきます。

あやふやな耳なりに 割りきれず信じてた 君からは伝えたい 僕だけの真実を はどういう思いだと感じますか?

この部分は、作者が他人からの言葉や情報をあやふやなまま受け取り、それを割り切ることができずに信じている様子を表現しています。「あやふやな耳なりに 割りきれず信じてた」というフレーズは、作者が確かな情報や真実ではないものを信じてしまっていることを示しています。

「君からは伝えたい 僕だけの真実を」というフレーズは、作者が自分だけの真実を見つけたいと願っていることを表しています。このように、作者が自分自身や周囲の状況に対して疑問を持ち、自分自身の真実を見つけようとしていることが伝わってきます。

霧に囲まれた人格を出しきれば 散らばる IMAGE 正しさを持てる はどういう思いだと感じますか?

この部分は、作者が自分自身を見つめ、自分自身が持つ曖昧な部分や欠点に向き合うことで、正しさを見出すことができるという考えを表しています。「霧に囲まれた人格を出しきれば」というフレーズは、作者自身が自分の内面に霧がかかっているように感じていることを示唆しています。しかし、その霧を払い、自分自身を出しきることができれば、正しさを持つことができるという意味です。また、「散らばる IMAGE」というフレーズは、自分自身が持つイメージやイメージの歪みを乗り越えることができるという意味が含まれています。

初めから 解ってた なり切れぬ善人と それならば 生涯に 揺るがない足跡を はどういう思いだと感じますか?

この部分は、作者が自分自身が理想とする「善人」であることを自覚しているが、完璧な善人になることはできないということを表しています。「初めから解ってた なり切れぬ善人と」というフレーズは、作者が自分自身が理想とする善人像に対して、自分自身がそこに到達できないことを理解していることを表しています。「それならば 生涯に 揺るがない足跡を」というフレーズは、完璧ではなくとも、自分自身が信じる道を進み、自分自身の人生に残る足跡を残すことができるという意味が含まれています。

AH一溢れ出す 醜さよ 淫らさよ 僕の事 犯して AH一晒け出す 愚かさよ 哀れさよ 僕の事 笑って はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、自分自身の欠点や過ちを認め、それらによって抱く自己嫌悪や罪悪感について表現しているように感じます。特に、自分が醜く淫らで愚かで哀れで女々しく薄弱な存在であることを自覚し、それを他者にも認めさせようとしているようにも見えます。ただ、同時にそのような自分自身のあり方を笑い飛ばそうともがいているようにも感じられます。また、過去の恨みや失敗、自己矛盾なども歌詞に織り込まれており、それらによって内面の葛藤や不安を歌っていると解釈できます。

CRYING MY XXXX HEART はどういう思いだと感じますか?

「CRYING MY XXXX HEART」は、歌詞の中で繰り返されるフレーズで、心が痛んでいるという感情を表現しています。具体的に何が原因で心が痛んでいるのかは、この歌詞の前後の文脈から読み取る必要がありますが、一般的には失恋や孤独、苦悩などが原因であることが多いです。

AH一溢れ出す 醜さよ 淫らさよ 僕の事 犯して AH一晒け出す 愚かさよ 哀れさよ 僕の事 笑って はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、自己嫌悪や自己肯定感の低さ、過去のトラウマや悔恨、そして社会的な役割や倫理観に縛られた自己表現の制限など、深い内面の葛藤や苦悩を表現したものと思われます。”AH一溢れ出す”というフレーズは、激しい感情がこみ上げてくる様子を表しており、”醜さよ 淫らさよ”という表現は自分の欠点や性的な側面に対する自己嫌悪を表しています。”愚かさよ 哀れさよ”という表現は、自分が周囲からどう見られているのかに対する自己嫌悪や自己否定の感情を表しています。

“枕元浮かぶ 複数の恨み夢”というフレーズは、過去のトラウマや悔恨による心の傷を表しています。”名前も忘れた「誰か」という記憶”というフレーズは、自分の中にある未解決の感情や記憶があることを示唆しています。

“一点が曇り 次見る君拒絶し 時は裏腹と全てあてはめよう”というフレーズは、自分自身や他人に対して持っているイメージが曇ってしまったことを表しています。”あやふやな耳なりに 割りきれず信じてた 君からは伝えたい 僕だけの真実を”というフレーズは、他人からの情報をうまく取捨選択できなかったり、自分自身の価値観を持てなかったりする悩みを表しています。

“霧に囲まれた人格を出しきれば 散らばる IMAGE 正しさを持てる”というフレーズは、自分自身を表現することができれば、自分自身のアイデンティティーを確立することができるという希望を表しています。”初めから 解ってた なり切れぬ善人と それならば 生涯に 揺るがない足跡を”というフレーズは、自分自身を正しく表現しようとするものの、その過程で自分自身と折り合いをつけられず苦悩する人間性を表しています。

AH一滲み出る 無力さよ 無能さよ 僕だけは 犯して AH一零れ出る 女々しさよ 薄弱よ 僕だけを 笑って はどういう思いだと感じますか?

この言葉から感じられるのは、自己嫌悪や無力感、劣等感のような感情です。主体が自分自身であり、自分自身を責め、自分自身を見失ってしまっているような印象があります。また、周りから見たら大したことのないことを深刻に受け止めてしまっているようにも感じられます。

おわり

AIによる歌詞の考察とあなたが思う考察にどれぐらい相違がありましたか?

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。