黒夢【feminism】の歌詞とAIによる歌詞の考察

  1. ホーム
  2. 歌詞とAIによる考察
  3. 黒夢【feminism】の歌詞とAIによる歌詞の考察

歌詞とAIによる歌詞の考察(この歌詞はどういう思いだと感じますか?)を載せていきます。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。

歌詞

feminism

作詞:清春/作曲:人時

したたかと君は 似かよっていた
僕を窘める それもいいでしょう


手も足にして 先に寝そべる「触りたいならここまでおいで」
僕が返すは feminism そうあげる


急に動くのが  ひどく気になる
僕は何処にいる 何処でもいいの


首の匂いに 引き寄せられる「触りたいならここまでおいで」
僕が言うのは feminism そう うたう


Oh 貴方に 慰められたい In your room
Oh ここなら 弱さも許されるだろう


したたかと君は  張り付いていた
僕をあやすなら それも君でしょう


安らげるのは その胸の中「甘えたいなら ここまでおいで」
せめて僕から feminism そう あげる


Oh 貴方はいつまで 僕を飼うだろう
Oh ここでは強さも 無意味に終わる


Oh 貴方に 慰められたい In your room
Oh ここなら 弱さも許されるだろう

AIによる歌詞の考察

上記の歌詞全体を見てAIが感じたことを聞きました。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。ほぼ原文です。意味が分からない部分もそのまま載せています。

この歌詞は、恋愛や性的な関係において、女性が支配的な立場に立つことをテーマにしています。歌詞中で男性が「feminism(フェミニズム)」という言葉を繰り返し口にすることで、女性の支配的な立場を受け入れることを示唆しています。

また、歌詞中に登場する「ここまでおいで」「触りたいならここまでおいで」というフレーズは、女性が男性を支配するために使うものであると捉えることもできます。一方で、男性が「貴方に慰められたい」「安らげるのはその胸の中」といったフレーズを繰り返し口にすることで、女性に対する強い依存心を表現しています。

全体的に、この歌詞は男性の弱さや女性の支配的な立場を描いていると言えます。

したたかと君は 似かよっていた 僕を窘める それもいいでしょう はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞は、女性が男性を支配する立場にあることを示唆しています。男性の「したたかと君は 似かよっていた 僕を窘める」という言葉は、女性が彼を抑制し、支配していることを表しています。また、「それもいいでしょう」という言葉は、男性がそのような状況を望んでいることを示唆しています。

この部分は、男性が女性に対する強い依存心を持ち、女性の支配的な態度に対しても受け入れることを示唆しています。また、歌詞全体からは、男性の弱さや女性の支配的な立場が強く描かれていることがわかります。

手も足にして 先に寝そべる「触りたいならここまでおいで」 僕が返すは feminism そうあげる はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞は、女性が男性を支配する立場にあることを表現しています。女性が男性に対して「触りたいならここまでおいで」と命令する態度や、「手も足にして 先に寝そべる」といった描写は、女性が支配的な態度で男性をコントロールしていることを示唆しています。

また、男性が「僕が返すは feminism そうあげる」と歌っていることから、彼は女性の支配的な態度を受け入れながらも、自らがフェミニストであることをアピールしています。この部分は、男性が女性に対して従順でありつつも、自分の主張を曲げないという、複雑な感情を表現していると捉えることができます。

急に動くのが ひどく気になる 僕は何処にいる 何処でもいいの はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞は、男性が女性に対して不安や緊張を感じていることを表現しています。男性が「急に動くのが ひどく気になる」と歌うことから、女性の行動や態度に敏感に反応していることがわかります。また、「僕は何処にいる 何処でもいいの」という歌詞は、男性が自分自身について不確かな状態にあることを示唆しています。つまり、彼は自分自身が置かれている状況に不安を感じており、女性に対して依存的な気持ちを持っていると解釈できます。

首の匂いに 引き寄せられる「触りたいならここまでおいで」 僕が言うのは feminism そう うたう はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞は、男性が女性の魅力に引き寄せられながらも、自分の信念を曲げずにいることを表現しています。女性が男性に「触りたいならここまでおいで」と言うことから、男性が女性に惹かれていることが示唆されます。また、「首の匂いに 引き寄せられる」という描写は、男性が女性の身体的な魅力に対して敏感であることを示しています。

しかしながら、男性は自分自身がフェミニストであるという信念を持っており、女性に対して「僕が言うのは feminism そう うたう」と歌っています。これは、男性が自分の信念を曲げずに女性と接することを決意していることを示唆しています。この部分の歌詞からは、男性が女性に対して複雑な感情を抱えつつも、自分の信念を守ることを意識していることが伝わってきます。

Oh 貴方に 慰められたい In your room Oh ここなら 弱さも許されるだろう はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞は、男性が女性に対して心の支えを求めていることを表現しています。男性が女性に向かって「貴方に慰められたい In your room」と歌っていることから、女性に対して寄り添いたいという思いが示唆されます。また、「ここなら弱さも許されるだろう」という一節は、男性が女性の元で自分自身を解放したいと思っていることを表しています。

この部分の歌詞からは、男性が女性に依存しながらも、女性に対して敬意を持ち、自分自身を改善するための支えを求めていることが伝わってきます。また、男性が女性に対して寄り添うことで、自分自身を許容し、弱さを受け入れることができるようになるという意味も含まれているように思われます。

したたかと君は  張り付いていた 僕をあやすなら それも君でしょう はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞からは、男性が女性に対して強い魅力を感じていることが伝わってきます。男性は女性に対して「したたかと君は 張り付いていた」と歌い、女性の存在が自分にとって特別であることを示唆しています。また、「僕をあやすなら それも君でしょう」という一節からは、女性が男性を癒やす存在であることを期待していることが伺えます。

この部分の歌詞からは、男性が女性に対して強い魅力を感じている一方で、女性に自分自身を癒やしてもらいたいという願望を持っていることが伝わってきます。男性が女性に依存しながらも、女性を尊重していることが示唆されています。

安らげるのは その胸の中「甘えたいなら ここまでおいで」 せめて僕から feminism そう あげる はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞からは、男性が女性に対して心の拠り所を求めていることが伝わってきます。男性は女性の胸の中で安らぎを感じ、「甘えたいなら ここまでおいで」と歌います。一方で、「せめて僕から feminism そう あげる」という歌詞からは、男性が女性に対して自己主張を持って接していることが示唆されます。男性は女性に対して自分自身を示し、自己表現をしているということが伝わってきます。

Oh 貴方はいつまで 僕を飼うだろう Oh ここでは強さも 無意味に終わる はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞からは、男性が女性に依存していることや、自分自身の弱さを感じていることが伝わってきます。男性は「貴方はいつまで僕を飼うだろう」と歌い、自分が女性にとってペットのような存在であることを自覚しています。また、「ここでは強さも無意味に終わる」という歌詞からは、男性が自分自身の弱さを自覚しており、女性に頼らざるを得ない状況にあることを表現しています。

Oh 貴方に 慰められたい In your room Oh ここなら 弱さも許されるだろう はどういう思いだと感じますか?

このフレーズは、寂しさや不安から逃れ、誰かに寄りかかりたい、支えてほしいという気持ちが込められています。部屋にいる相手に慰められたい、そしてその場所なら自分の弱さも受け入れてくれるだろうという願望が表現されています。

おわり

AIによる歌詞の考察とあなたが思う考察にどれぐらい相違がありましたか?

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。