黒夢【至上のゆりかご】の歌詞とAIによる歌詞の考察

  1. ホーム
  2. 歌詞とAIによる考察
  3. 黒夢【至上のゆりかご】の歌詞とAIによる歌詞の考察

歌詞とAIによる歌詞の考察(この歌詞はどういう思いだと感じますか?)を載せていきます。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。

目次

歌詞

至上のゆりかご

作詞:清春/作曲:清春、佐久間正英

ゆりかごで遊ぶ 見守られながら 貴方の愛情に
静かに気付いた 僕は目隠しで 貴方を満たそうと


積み上げた 立ち位置から飛び降りる僕がいる
全身が抜け殻で落ちるのは感じてた


Ah 理由は 「優しい香りに溺れた」
Ah 名前も人の目も もういらない


涙声隠したね 解ってた 黙ったから
何気ない 明るさに何度となく 救われる


Ah 場所は 「妖艶なSANCTUARY」
Ah 日付は 「生涯 忘れられぬ」


瞳と瞳が合うなら 笑顔を渡そう 出来るだけ楽しく
Kissした後だけ か弱く か細い 貴方が愛しい


不幸せ癒せるなら 僕ごとき 粉々に…


Ah 落下点はそう 貴方の寂しさ
Ah 捨て身で砕ける 僕は弱い?


ゆりかごで遊ぶ 見守られながら 貴方の愛情に
静かに気付いた 僕は目隠しで 貴方を満たそうと


心から想う 血の通わぬ僕 あなたが変えた事
「僕は誰だろう?」…「僕は僕だけ」と 理解させてくれた


ゆりかごで 呟く未来はきっと 「貴方よ僕になれ」

AIによる歌詞の考察

上記の歌詞全体を見てAIが感じたことを聞きました。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。ほぼ原文です。意味が分からない部分もそのまま載せています。

この歌詞は、相手の愛情に気づき、相手を満たそうとする一方で、自分自身のアイデンティティに対する探究も描かれています。歌詞の中で、「僕は誰だろう?」という問いが登場し、「僕は僕だけ」という答えが見つかるという過程が表現されています。

また、歌詞中には、自分自身の弱さや不幸せと向き合う姿勢が感じられます。その一方で、相手への深い愛情や、相手との笑顔やキスに対する渇望も描かれています。

最後に、「ゆりかごで呟く未来はきっと『貴方よ僕になれ』」というフレーズが登場し、自分と相手が一つになっていくことを望む想いも表現されています。全体的に、愛情や自己探究、そして自分と相手の一体化を描いた感情的な歌詞と言えます。

ゆりかごで遊ぶ 見守られながら 貴方の愛情に 静かに気付いた 僕は目隠しで 貴方を満たそうと はどういう思いだと感じますか?

この部分は、相手に対する深い愛情を表現しています。自分自身が目隠しをしているということは、相手を求める欲求が自分自身にとってもあるということを表しています。また、相手を満たすことで自分自身も満たされるという考え方が込められています。

また、「見守られながら」というフレーズは、相手が自分を見守ってくれていると感じているということを示しています。このように、相手とのつながりや相手の存在が自分にとって非常に大切であることが歌詞から伝わってきます。

積み上げた 立ち位置から飛び降りる僕がいる 全身が抜け殻で落ちるのは感じてた はどういう思いだと感じますか?

この部分は、自分自身が何かに挑戦する際に、自分の限界を超えるために積み上げたものを捨て、新たな自分を作り出すということを表しています。飛び降りることで、自分が今までの自分自身を変えようとしていることが示されています。

また、全身が抜け殻であるという表現は、自分が変わるためには、今までの自分を捨て、新しい自分を作り出す必要があることを示しています。このように、自分自身を成長させるためには、自分の限界を超え、自分自身を変える必要があることが歌詞から伝わってきます。

Ah 理由は 「優しい香りに溺れた」 Ah 名前も人の目も もういらない はどういう思いだと感じますか?

この部分は、人間関係や社会からのプレッシャーから解放され、自分自身を見つめることができるようになったことを表現しています。優しい香りに溺れることで、自分自身の内面を深く感じることができ、それによって自分自身の存在意義を見出したということが表現されています。

また、「名前も人の目ももういらない」という表現は、社会的な評価や偏見にとらわれず、自分自身が自分自身であることを認めているということを示しています。このように、自分自身を受け入れ、自分自身と向き合うことが、自分自身を見つめる第一歩であるということが歌詞から伝わってきます。

涙声隠したね 解ってた 黙ったから 何気ない 明るさに何度となく 救われる はどういう思いだと感じますか? ※相手に自分が救われている

この部分は、自分が悩みや苦しみを抱えていることを相手に察してもらえたことで、救われたという思いが込められています。相手が自分を理解してくれたことで、何気ない明るさや日常の些細なことが救いとなり、心が癒されたという表現があります。また、このような優しさや支えによって、自分自身を取り戻し、再び前向きに生きることができたという感謝の気持ちも含まれていると思われます。

Ah 場所は 「妖艶なSANCTUARY」 Ah 日付は 「生涯 忘れられぬ」 はどういう思いだと感じますか?

この部分は、特別な場所で特別な時間を過ごしたことが、生涯忘れられない思い出となっているということを表現しています。”妖艶なSANCTUARY”という表現から、特別で魅惑的な場所であることがうかがえます。また、”生涯忘れられぬ”という表現から、その場所や時間がとても大切で、思い出として心に刻まれていることが伺えます。この部分は、深い感情や記憶の強さを表現していると感じます。

瞳と瞳が合うなら 笑顔を渡そう 出来るだけ楽しく Kissした後だけ か弱く か細い 貴方が愛しい はどういう思いだと感じますか?

この部分は、相手と目が合った瞬間には笑顔を渡し、Kissした後にはか弱く、か細く見える相手の愛らしさや可愛らしさを表現しています。”瞳と瞳が合うなら笑顔を渡そう”という表現から、相手との瞬間的な交流がとても大切であり、その瞬間に笑顔でいることが求められていることがうかがえます。また、”Kissした後だけか弱くか細い貴方が愛しい”という表現から、相手の弱さや可愛らしさが魅力的であり、そのような状況で愛情を感じることができるということが表現されています。この部分は、愛情や情熱的な感情が表現されていると感じます。

不幸せ癒せるなら 僕ごとき 粉々に… はどういう思いだと感じますか?

このフレーズからは、誰かを救うために自分を犠牲にするという覚悟が感じられます。作者は、自分自身が粉々になっても、相手の不幸を解消することができるならば、その覚悟を持っているように思えます。

Ah 落下点はそう 貴方の寂しさ Ah 捨て身で砕ける 僕は弱い? はどういう思いだと感じますか?

この部分は、主人公が相手の寂しさに向き合って自分自身を犠牲にすることを示唆しています。そして、彼がそのような行動をすることは彼自身が弱いと思っていることを示しています。

ゆりかごで遊ぶ 見守られながら 貴方の愛情に 静かに気付いた 僕は目隠しで 貴方を満たそうと はどういう思いだと感じますか?

この歌詞には、相手に対する愛情と、その愛情を満たすために自分が献身的になる思いが表現されています。ゆりかごで遊ぶ子供のように、相手から愛情を受け取りながら、自分自身も相手を満たそうとする姿が描かれています。目隠しをしているというのは、相手に対して自分自身を見せながら、相手を見ているということかもしれません。全体的には、深い愛情と献身的な思いが感じられます。

心から想う 血の通わぬ僕 あなたが変えた事 「僕は誰だろう?」…「僕は僕だけ」と 理解させてくれた はどういう思いだと感じますか?

それは自分探しの旅をしていた人が、ある人と出会い、自分自身を見つめ直すきっかけを与えられたと感じられます。あなたは、相手によって自分自身のあり方が変わることを悩んでいたけれど、相手から「あなたはあなた、それだけでいい」という言葉を聞き、自分自身を受け入れることができたのです。

ゆりかごで 呟く未来はきっと 「貴方よ僕になれ」 はどういう思いだと感じますか?

この文から感じる思いは、誰かが自分に言い聞かせるように「貴方よ僕になれ」という未来を予感しているというものです。ゆりかごというイメージからは、優しく包み込まれるような安心感や、未来に向けての希望が感じられます。また、誰かが自分に導いてほしいという思いや、自分自身を変えていきたいという気持ちが表現されているようにも感じられます。

おわり

AIによる歌詞の考察とあなたが思う考察にどれぐらい相違がありましたか?

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。