黒夢【FAKE STAR】の歌詞とAIによる歌詞の考察

  1. ホーム
  2. 歌詞とAIによる考察
  3. 黒夢【FAKE STAR】の歌詞とAIによる歌詞の考察

歌詞とAIによる歌詞の考察(この歌詞はどういう思いだと感じますか?)を載せていきます。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。

歌詞

FAKE STAR

作詞:清春/作曲:清春/編曲:黒夢

目障りな制度が Chart 妨害 Count Down
年功序列で芽を潰して Proud Face


Break out,too Burst 染まる前に
Get out,Get up脱走する 


ふざけた注目度…金が目安のPriority
Break out,too Burst離れ島で
Get out,Get up天を狙え


狂った洗脳 見破れそうさ
僕はニセモノ不敵なFAKE STAR
買収するのがホンモノなら
僕は偽りだらけのFAKE STAR  I’m a FAKE


You just true man 猿真似だけ
You are 「YES MAN」 無様にやれ


古びたRootsが本物なら
僕は二セモノ不評なFAKE STAR
外人かぶれが優秀なら
僕は偽りだらけのFAKE STAR
狂った虚像 ヘラヘラするな
僕は二セモノ SurrealなFAKE STAR!
            FAKE STAR!


I’m just a Japanese FAKE STAR!

AIによる歌詞の考察

上記の歌詞全体を見てAIが感じたことを聞きました。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。ほぼ原文です。意味が分からない部分もそのまま載せています。

この歌詞は、社会の歪みや偽りを描写したものだと感じられます。例えば、年功序列や注目度の金額による優劣の考え方が問題視され、自己の才能を抑圧されていることや、偽りや洗脳による表面的な評価や成功を狙っていることが暗示されています。また、「本物」と「偽物」の価値観が問われ、自己のアイデンティティを模索していることも感じられます。全体的に、現代社会に対する批判や、自己の存在意義に対する問いかけが込められた歌詞だと捉えられます。

目障りな制度が Chart 妨害 Count Down 年功序列で芽を潰して Proud Face はどういう思いだと感じますか?

「目障りな制度がChart妨害Count Down、年功序列で芽を潰してProud Face」という歌詞は、社会の制度が個人の才能や努力を抑圧し、表面的な成功を追求することを批判していると感じられます。特に、年功序列による上下関係や、表面的な評価によるプライドの高揚が問題視されています。制度が人々の可能性を潰し、社会の歪みを招くことを訴えていると思われます。

Break out,too Burst 染まる前に Get out,Get up脱走する  はどういう思いだと感じますか?

「Break out, too Burst 染まる前に、Get out, Get up 脱走する」という歌詞は、自己の可能性を追求し、自由な人生を歩むことを訴えていると感じられます。自分自身が現状に染まる前に、脱走して自由な世界を追求することを勧めています。制度や社会に縛られることなく、自己の力で自由を勝ち取ることを表現していると思われます。

ふざけた注目度…金が目安のPriority Break out,too Burst離れ島で Get out,Get up天を狙え はどういう思いだと感じますか?

「ふざけた注目度…金が目安のPriority、Break out, too Burst 離れ島で、Get out, Get up 天を狙え」という歌詞は、社会の浅はかな価値観や物質主義に対する批判を表現していると感じられます。社会において、注目されることや金銭的な成功が優先され、本質的なものが見失われてしまっていることを訴えています。一方で、離れ島で自己の可能性を追求し、天を狙うことを勧めています。物質的な成功よりも、自己の成長や目的を大切にし、自由な世界を追求することを表現していると思われます。

狂った洗脳 見破れそうさ 僕はニセモノ不敵なFAKE STAR 買収するのがホンモノなら 僕は偽りだらけのFAKE STAR I’m a FAKE はどういう思いだと感じますか?

「狂った洗脳 見破れそうさ、僕はニセモノ不敵なFAKE STAR、買収するのがホンモノなら、僕は偽りだらけのFAKE STAR、I’m a FAKE」という歌詞は、社会やメディアによる洗脳や操作に対する批判を表現していると感じられます。自己の意思や考えを持たずに、社会やメディアの価値観や意見に影響されてしまうことを訴えています。一方で、自己の真実を見つめ、自己の存在価値を確信することを表現しています。社会的地位や金銭的な利益による価値観ではなく、自己の内面に基づく真実を追求し、自己の存在を確認することを勧めています。

You just true man 猿真似だけ You are 「YES MAN」 無様にやれ はどういう思いだと感じますか?

「You just true man 猿真似だけ、You are ‘YES MAN’ 無様にやれ」という歌詞は、他人に迎合して自己を見失うことに対する批判を表現していると感じられます。自己の考えや信念を持たず、他人の言葉や行動に追随することを「猿真似」と呼んで批判しています。また、「YES MAN」とは、自己の意見を持たず、他人の意見に従順になる人を指します。こうした迎合的な行動は、自己の価値を失い、無意味な存在になってしまうとして、批判していると感じられます。

古びたRootsが本物なら 僕は二セモノ不評なFAKE STAR 外人かぶれが優秀なら 僕は偽りだらけのFAKE STAR 狂った虚像 ヘラヘラするな 僕は二セモノ SurrealなFAKE STAR!             FAKE STAR! はどういう思いだと感じますか?

「古びたRootsが本物なら、僕は二セモノ不評なFAKE STAR、外人かぶれが優秀なら、僕は偽りだらけのFAKE STAR、狂った虚像、ヘラヘラするな、僕は二セモノ、SurrealなFAKE STAR!FAKE STAR!」という歌詞は、自己を見失ってしまった現代社会の中で、どう生きるかという問いかけを表現していると感じられます。他人の評価や価値観に左右されず、自己のルーツやアイデンティティを大切にすることが重要であるというメッセージが込められています。ただ、そのような生き方が一般的には認められず、時には偽りをつくることが必要になることもあるという現実も表現されています。その中で、「SurrealなFAKE STAR」という言葉が使われており、現実とは異なる非現実的な存在として自己を表現することが必要であるという意味も込められていると感じられます。

I’m just a Japanese FAKE STAR! はどういう思いだと感じますか?

このフレーズからは、歌詞の主人公が自分自身を「日本人の偽りだらけのスター」と表現していることが伝わってきます。彼は、自分が音楽業界において成功したとしても、それは「偽り」に満ちたものであると考えているようです。この表現は、現代社会において成功というものがどのような意味を持つのかについて、問いかけるものであるとも捉えられます。

おわり

AIによる歌詞の考察とあなたが思う考察にどれぐらい相違がありましたか?

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。