黒夢【鏡になりたい】の歌詞とAIによる歌詞の考察

  1. ホーム
  2. 歌詞とAIによる考察
  3. 黒夢【鏡になりたい】の歌詞とAIによる歌詞の考察

歌詞とAIによる歌詞の考察(この歌詞はどういう思いだと感じますか?)を載せていきます。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。

歌詞

鏡になりたい

詞/清春 曲/臣 編曲/黒夢

最終夜とは知らずに閉ざしていた
また罪を重ねる 彩りがない


降り戻し出来ない幻覚を魅せられた
一色(ひといろ)に殺される
きっと殺される


あの深い影踏み。気が衝けば
別の誰かに触れさせない
絡まる記憶隠した頃と逆説に
雨はちぎれた夢を襲う


貴方に従う鏡に生まれ
いずれは私と死んでほしいと
貴方を沈める鏡に生まれ
いつかは私と死んでほしい


置き去り焦がれた性だけしか
愛せなかった事実、忌ま忌ましさが残る
繋ぎあわせた首輪は確かに
それの為 重苦しく口元
開かれた口元


貴方が死ぬ時、浮かべる顔は
私のこの顔、信じて死ねたら

AIによる歌詞の考察

上記の歌詞全体を見てAIが感じたことを聞きました。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。ほぼ原文です。意味が分からない部分もそのまま載せています。

この歌詞は、悲しい、複雑な感情を描写しているようです。主人公は、自分が犯した罪や愛せなかった事実、そして繋ぎ合わせた首輪によって重苦しさを感じているようです。また、鏡に生まれた自分自身が、貴方を沈め、最終的に自分自身と一緒に死んでほしいと願っているようです。全体的には、悲哀、悔恨、切望、そして鎖に縛られた感情を感じることができます。歌詞の意味については、使用されている言葉や表現、そして作者の意図によって変わることがありますので、歌詞を見るときはその背景や文脈も考慮することが大切です。

最終夜とは知らずに閉ざしていた また罪を重ねる 彩りがない この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞からは、詞人が自分が犯している罪というものを意識していなかったことを知り、今さら彩りを持たないことに悔しさを感じているという気持ちが伝わります。

降り戻し出来ない幻覚を魅せられた 一色(ひといろ)に殺される きっと殺される この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞からは、某種の幻想か幻覚に魅せられ、それによって殺される可能性があるという感情が伝わっています。歌詞の中に含まれている「一色に殺される」というフレーズからは、その幻覚によって自身が完全に支配され、消滅することが予想されているという意味が読み取れます。

あの深い影踏み。気が衝けば 別の誰かに触れさせない 絡まる記憶隠した頃と逆説に 雨はちぎれた夢を襲う この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞に対して感じる思いは、複雑で悲しいものです。歌詞の中で、ある人物が以前に隠していた記憶や過去を思い出し、また罪を重ねてしまったことが描かれています。また、「深い影」を踏んで、別の誰かに触れさせないということから、この人物は自分自身の歴史や過去を隠しているということが示唆されます。「雨がちぎれた夢を襲う」という言葉から、この人物は自分自身の想いや夢を捨ててしまっているということがうかがえます。全体的に、複雑な情志や悲しい思いが歌詞に流れているように感じます。

貴方に従う鏡に生まれ いずれは私と死んでほしいと 貴方を沈める鏡に生まれ いつかは私と死んでほしい この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞からは、歌い手が他の人を欲望し、最終的には自分と一緒に死にたいという願望を持っていることが感じられます。鏡に生まれて自分自身に従うことによって、他人を沈めて自分と一緒に死んでほしいという強い意志が表されています。

置き去り焦がれた性だけしか 愛せなかった事実、忌ま忌ましさが残る 繋ぎあわせた首輪は確かに それの為 重苦しく口元 開かれた口元 この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞からは、想いを伝えたいという強い願望が伝わってきます。「貴方に従う鏡に生まれ」や「いずれは私と死んでほしいと」といった表現から、自分と対象者を一つにすることを強く望んでいることが伺えます。「置き去り焦がれた性だけしか」や「愛せなかった事実」といった表現から、対象者に対する思いは未練も含まれているようです。「繋ぎあわせた首輪」や「重苦しく口元」といった表現からも、自分と対象者の関係に苦しさや縛りがあるような印象を受けます。

貴方が死ぬ時、浮かべる顔は 私のこの顔、信じて死ねたら この歌詞はどういう思いだと感じますか?

この歌詞は、死を迎えたいという強い願望が表れています。歌い手は、自分が死ぬときに浮かぶ顔が相手のことだと信じているようです。また、死を迎えることが愛する相手と共に死ぬことであると願っているようです。

おわり

AIによる歌詞の考察とあなたが思う考察にどれぐらい相違がありましたか?

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。