黒夢【BLOoDY VALENTINE】の歌詞とAIによる歌詞の考察

  1. ホーム
  2. 歌詞とAIによる考察
  3. 黒夢【BLOoDY VALENTINE】の歌詞とAIによる歌詞の考察

歌詞とAIによる歌詞の考察(この歌詞はどういう思いだと感じますか?)を載せていきます。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。

BLOoDY VALENTINE

作詞/清春 作曲/人時 編曲/黒夢·佐藤宣彦

氷点の情熱を急にむきだした
かわいげない顔色のふりしてる君
本当なら上から下から Ah 溢れるよ
僕はそう目撃者ずっと眺めてた

「笑いなよ」とTAPEを回す
今日は君の記念すべき日

「触りたい、舐めまわしたいもっとよくしたい」
針の先見つめては手を伸ばすから

差し込むように返事をしょう
そこは濡れて燃える炎に・・・

Lover Bloody Valentine
恋 犯した Valentine Valentine
Lover Bloody Valentine
純血の日 Valentine Valentine

したたかな愛欲がもっと解るから
プラトニカルな性格のふりしておいで

ねじ込む様に僕を送ろう
せまいdoorは手まねきしてる

「笑いなよ」とTAPEを回す
今日は君の記念すべき日

Lover Bloody valentine
まくをささぐ Valentine valentine
Lover Bloody Valentine
野獣の血は Valentine Valentine

Lover Bloody Valentine
恋 犯した Valentine valentine
Lover Bloody Valentine
発情の日 Valentine valentine Lover

目次

AIによる歌詞の考察

上記の歌詞全体を見てAIが感じたことを聞きました。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。ほぼ原文です。意味が分からない部分もそのまま載せています。

この歌詞は、情熱的でありながらも矛盾した感情や欲望を描いています。君という存在が持つ氷点のような冷たい表情とかわいげのない様子にもかかわらず、主人公は君に強く引かれ、溢れるような感情を抱いています。主人公は目撃者のように君をずっと眺めており、君の記念すべき日である今日、君に対して特別な思いを抱いています。

歌詞の中で「笑いなよ」というフレーズが繰り返し登場します。このフレーズは、主人公が君に対して自分の感情を打ち明けることを促しているようにも受け取れます。主人公は君に触れたり、もっと近くで感じたりしたいと思っており、その欲望が針の先を見つめるように強くなっています。

「Lover Bloody Valentine」というフレーズは、愛と欲望の交錯した関係を表現しています。純血の日であるバレンタインデーにおいて、情熱的な愛の行為が行われることを暗示しています。また、「野獣の血は Valentine」というフレーズも登場し、本能的な衝動や情熱が示唆されています。

歌詞全体を通して、主人公の情熱と欲望が描かれていますが、それは冷たい表情を持つ君に向けられています。君の魅力に引かれ、その欲望を抑えきれない状態を表現しています。また、歌詞は矛盾した感情や欲望を持つ人間の複雑さを浮き彫りにしており、愛と欲望の境界線が曖昧であることを示唆しています。

氷点の情熱を急にむきだした かわいげない顔色のふりしてる君 本当なら上から下から Ah 溢れるよ 僕はそう目撃者ずっと眺めてた はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞から感じられる思いは、主人公が君に対する強烈な情熱を抱いていることです。まるで氷点から一気に解けるように、主人公の情熱が急に湧き上がっています。君はかわいげのない顔色をしているように見えますが、実際はその内側に溢れるほどの感情を秘めていることを主人公は知っています。

「本当なら上から下から Ah 溢れるよ」という一節は、主人公の情熱や欲望があふれ出て止まらない状態を表現しています。君に対する主人公の感情は、上からも下からも溢れ出て止められないほど強いものであり、その情熱がどんどん募っていることを示唆しています。

また、「僕はそう目撃者ずっと眺めてた」という一節からは、主人公がずっと君を見つめていることが伺えます。主人公はただの目撃者ではなく、君に対して強い興味や関心を持ち、君の様子をずっと注視してきたのです。

この部分の歌詞からは、主人公の情熱的な思いが強調されており、君に対する欲望や関心が高まっていることが感じられます。君のかわいげのない表情や顔色にもかかわらず、主人公は君に惹かれ、その情熱を抑えることができないのです。

「笑いなよ」とTAPEを回す 今日は君の記念すべき日 はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞から感じられる思いは、主人公が君に対して特別な日を祝いたいという気持ちが込められています。主人公は「笑いなよ」と言いながらTAPE(テープ)を回していますが、これは君に喜んでもらいたいという願いや祝福の意味が込められています。

「笑いなよ」というフレーズは、主人公が君に楽しんでほしいという思いを伝えていることを示唆しています。主人公は君の記念すべき日を祝うために、TAPEを回して音楽を流すことで、雰囲気を盛り上げようとしているのかもしれません。

また、「今日は君の記念すべき日」という一節は、主人公が君にとって特別な日であることを意味しています。この日は何かしらの節目や特別な出来事があるのかもしれません。主人公は君のために特別な思いを抱いており、その日を一緒に祝いたいという願いが込められています。

この部分の歌詞からは、主人公が君に対して祝福や喜びの気持ちを持っていることが感じられます。君にとって特別な日を一緒に過ごし、笑顔で楽しい時間を共有したいという思いが込められています。

User!

「触りたい、舐めまわしたいもっとよくしたい」 針の先見つめては手を伸ばすから はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞から感じられる思いは、主人公が欲望や情熱に駆られていることを表現しています。主人公は君に対して触れたり舐めまわしたりすることを望んでおり、針の先を見つめながら手を伸ばしています。

「触りたい、舐めまわしたいもっとよくしたい」というフレーズは、主人公が君に対して強い肉体的な欲望を持っていることを表しています。主人公は君の身体に触れたり、より深く関わりたいと思っており、その欲望が高まっている様子が伝わってきます。

「針の先見つめては手を伸ばすから」という一節からは、主人公が君に対する欲望を制御することができず、手を伸ばしてしまう状況を描いています。針の先を見つめることで、主人公はその欲望がさらに強まっていく様子を表現しています。

この部分の歌詞からは、主人公の強い欲望や情熱が描かれており、君に対する肉体的な関心や欲望が強くなっていることが感じられます。主人公は君に対する愛情や情熱を抑えきれず、その欲望が深まっていく様子を歌っています。

差し込むように返事をしょう そこは濡れて燃える炎に・・・ はどういう思いだと感じますか?ChatGPT

この部分の歌詞から感じられる思いは、主人公が君に対しての応えや反応を求めていることを表現しています。主人公は君に対する言葉や行動に対して、君からの返事を期待しています。また、「そこは濡れて燃える炎に…」という一節からは、主人公が君との関係や出来事が情熱的で刺激的なものであることを意味しています。

「差し込むように返事をしょう」というフレーズは、主人公が君に対して積極的な反応や応答を期待していることを表しています。主人公は君の反応や返事を待ち望んでおり、君からの関与や参加を求めています。

「そこは濡れて燃える炎に…」という一節は、主人公が君との関係や出来事が情熱的で刺激的なものであることを表現しています。このフレーズは、君との関係が燃え上がっている状態であり、情熱的なエネルギーが溢れていることを意味しています。

この部分の歌詞からは、主人公が君に対しての反応や関与を求め、情熱的な関係を築きたいと思っていることが感じられます。主人公は君との関係をさらに深め、燃えるような情熱を共有したいと願っているのです。

Lover Bloody Valentine 恋 犯した Valentine Valentine Lover Bloody Valentine 純血の日 Valentine Valentine はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞から感じられる思いは、愛と欲望、衝動的な関係を描いています。”Lover Bloody Valentine”というフレーズは、情熱的な愛の関係を意味しています。主人公は君との関係が愛と欲望に満ちたものであることを表現しています。

“恋 犯した Valentine Valentine”というフレーズは、主人公が君との愛を追求し、その愛に犯されていることを表現しています。主人公は愛の力によって制御され、衝動的な行動や感情に囚われている様子が伺えます。

“純血の日 Valentine Valentine”という一節からは、特別な日であるバレンタインデーを指しており、愛や情熱の交錯が行われることを暗示しています。”純血”という言葉は、純粋な愛や情熱が流れていることを意味し、その日は愛と情熱が高まる日であることを表現しています。

この部分の歌詞からは、主人公が君との関係が情熱的であり、愛と欲望が交錯していることが感じられます。主人公は君との愛を追い求め、その衝動に従って行動している様子を歌っています。愛と欲望の境界が曖昧であり、激しい感情の揺れ動きが表現されています。

したたかな愛欲がもっと解るから プラトニカルな性格のふりしておいで はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞から感じられる思いは、主人公が自身の深い愛欲を隠しながら、プラトニックな関係を装って君に接近したいという思いが込められています。

“したたかな愛欲がもっと解るから”というフレーズは、主人公が自身の狡猾な愛の欲望を君に理解してもらいたいと願っていることを表現しています。主人公は自分の本当の感情や欲望を隠すことなく、君に対して真実の愛欲を伝えたいと思っています。

“プラトニカルな性格のふりしておいで”という一節は、主人公が君に対してプラトニックな関係を装って接近したいという意図を示しています。主人公は自身の強い愛欲を抑えながら、君との関係を純粋な友情や精神的な絆として見せかけることで、君に近づきたいと考えています。

この部分の歌詞からは、主人公が自身の深い愛欲を抱えつつも、君に対してはプラトニックな関係を装いながら接近したいという思いが感じられます。主人公は自分の本当の感情を隠しながら、君に対して特別な存在として接することで、関係を築きたいと願っているのです。

ねじ込む様に僕を送ろう せまいdoorは手まねきしてる はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞から感じられる思いは、主人公が君に対して従順に身を委ねることを表現しています。また、狭い扉から主人公を誘う手の仕草が描かれています。

“ねじ込む様に僕を送ろう”というフレーズからは、主人公が君に従って自分を導いてほしいという思いが伝わってきます。主人公は君によって指示されるままに行動し、君の意志に従順に従いたいと願っています。

“せまいdoorは手まねきしてる”という一節は、手の仕草で狭い扉から主人公を誘う様子を描写しています。この表現からは、君が主人公を誘い、主人公もその誘いに従って進む様子が伺えます。

この部分の歌詞からは、主人公が君に対して従順であることを示しています。主人公は君の指示や誘いに従い、自己を捧げる覚悟を持っている様子が感じられます。君に導かれることで、主人公は新たな体験や関係を築きたいという思いを抱いているのでしょう。

「笑いなよ」とTAPEを回す 今日は君の記念すべき日 はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞から感じられる思いは、主人公が君に対して喜びや祝福の気持ちを抱いていることを表現しています。主人公は君に対して笑ってほしいと願い、君のために特別な日を祝いたいと思っています。

“笑いなよ”というフレーズは、主人公が君に対して笑顔でいてほしいという願いを表しています。主人公は君の幸せや喜びを願っており、そのために君を笑わせることで喜びを共有したいと考えています。

“今日は君の記念すべき日”という一節からは、この日が君にとって特別で大切な日であることが示されています。主人公は君のために特別なイベントや出来事を用意し、君の記念すべき瞬間を祝福したいという思いが伝わってきます。

この部分の歌詞からは、主人公が君に対して喜びや祝福の気持ちを抱いており、君の笑顔と幸せを願っていることが感じられます。主人公は君を特別な存在として捉え、君のために特別な日を迎えることを願っているのです。

Lover Bloody valentine まくをささぐ Valentine valentine Lover Bloody Valentine 野獣の血は Valentine Valentine はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞から感じられる思いは、激しい情熱と衝動、そして野性的な愛を表現しています。主人公は自身の愛の血が野獣のように燃え立っていることを表現しています。

“Lover Bloody Valentine”というフレーズは、主人公が情熱的な愛の関係を持っていることを意味しています。愛と欲望が混ざり合い、血みどろのように激しく燃えている様子を表現しています。

“まくをささぐ Valentine valentine”という一節からは、主人公が野獣のような衝動で君に愛を捧げる様子を描写しています。主人公は君に対して情熱的な愛を注ぎ、自分の血をまくわせるように君に接近したいと願っています。

“野獣の血は Valentine Valentine”というフレーズは、主人公の愛の血が野獣のような情熱と本能を持っていることを表現しています。主人公の愛は抑制されず、野生的で衝動的な性質を持っており、その情熱が君に向けられていることが示されています。

この部分の歌詞からは、主人公が激しい情熱と野獣のような衝動で君に愛を捧げていることが感じられます。愛の血が燃え盛り、情熱が君との関係を支配している様子が描かれています。主人公は野性的な愛を君に注ぎ込み、猛烈な情熱を共有したいと願っているのです。

Lover Bloody Valentine 恋 犯した Valentine valentine Lover Bloody Valentine 発情の日 Valentine valentine Lover はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞から感じられる思いは、主人公が禁断の恋と情熱的な関係に身を投じていることを表現しています。主人公は愛の狂気にとらわれ、情欲の日に身を委ねている様子が描かれています。

“Lover Bloody Valentine”というフレーズは、主人公が激しい愛と情熱によって満たされていることを意味しています。主人公は愛の中で血みどろのように燃え上がり、深い情熱を持った恋人であることを表現しています。

“恋 犯した Valentine valentine”という一節からは、主人公が禁断の恋に身を委ねていることが伝わってきます。主人公は道徳や規範を超えた愛によって魅了され、情熱的な関係を追い求めている様子が描かれています。

“発情の日 Valentine valentine Lover”というフレーズは、主人公が情欲に駆られた日に身を置いていることを示しています。主人公は本能的な欲望に応え、情熱的な愛の関係を追求している様子が表現されています。

この部分の歌詞からは、主人公が禁断の恋と情熱的な関係に身を投じていることが感じられます。主人公は理性を超えた愛の衝動に従い、情欲の日に身を委ねている様子が描かれています。主人公は激しい情熱を持って愛を追い求め、その愛の中で快楽や充足感を見出したいと願っているのでしょう。

おわり

AIによる歌詞の考察とあなたが思う解釈の仕方にどれぐらい相違がありましたか?

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。