黒夢【DEAR BLUE】の歌詞とAIによる歌詞の考察

  1. ホーム
  2. 歌詞とAIによる考察
  3. 黒夢【DEAR BLUE】の歌詞とAIによる歌詞の考察

歌詞とAIによる歌詞の考察(この歌詞はどういう思いだと感じますか?)を載せていきます。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。

目次

歌詞

DEAR BLUE

作詞/清春 作曲/人時 編曲/黒夢·佐藤宣彦

トランプのカード引く様に いたずらなめぐり合わせ
華やかに笑う声と 足を組み替える動き
ありがちな事だけど 君の目に
よく似てる花束送ったね


常識がついて回る 古い世代に囲まれた
どうしても抜け出せない 二人はRomeo & Juliet


一人じゃ眠れない 君が言う
僕も同じだけれど 黙ってた


明日、風はやむからと
違う話を切り出して壊してる


終りの来ない夜に君は一人怯えてる
怖いほど安らいだ君の素顔見られたら


時に君を惑わす事 起きる予感しているけど
なぜだろうそんな風に疑えない


僕が抱える問題に
何も感じてないそぶりしてくれたね
悲しいくらいの優しさに
答えを想いを集めては壊してる


終りの来ない夜に 君はそっと迷ってる
悪い夢から覚めた 夢だろうか眠れない


解けるはずないLabyrinth 僕に何が出来るだろう?
今この声よ届け やっと言えた「愛してる」


この歌が聞こえている 君に全てさらけ出すよ
なぜか君にだけは心 許せるから

AIによる歌詞の考察

上記の歌詞全体を見てAIが感じたことを聞きました。

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。ほぼ原文です。意味が分からない部分もそのまま載せています。

この歌詞は、情熱的で複雑な感情を持つ人間関係を描いています。表面的には、トランプのカードを引くようないたずらっぽい出会いや、笑い声や足の組み替えなど、華やかで軽快な要素が織り交ざっています。しかし、それと同時に、歌詞は深い哀愁や矛盾を抱えており、Romeo & Juliet(ロミオとジュリエット)という比喩も用いられています。

歌詞は、主人公と相手の間にお互いに引っ張られるような関係があり、常識や古い世代の束縛から逃れられない状況を描写しています。一人では眠れないと言われるほど、お互いに依存し合っているが、黙っていたり、違う話題を切り出したりして関係を壊そうとする様子も見受けられます。

また、終わりの来ない夜や恐怖を感じる場面が描かれ、予感や疑念が存在する中でも、主人公は相手を信じたり、優しさに触れることで救われる場面があります。しかし、問題や苦悩が抱えられたままであり、答えや解決を求める一方で、それを壊してしまうという矛盾も感じられます。

最後に、「愛してる」という言葉を伝えることができたと歌われていますが、それまでの複雑な感情や心の動きが描かれた上での告白となります。この歌詞は、深い情感や葛藤、矛盾した思いを持つ人間関係を描写し、愛と苦悩の融合を表現しています。

トランプのカード引く様に いたずらなめぐり合わせ 華やかに笑う声と 足を組み替える動き ありがちな事だけど 君の目に よく似てる花束送ったね はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞は、一連の出来事や行動が絡み合っているような様子を表現しています。最初に、「トランプのカード引く様に いたずらなめぐり合わせ」という表現がありますが、これは偶然や運命的な出会いを連想させます。次に、「華やかに笑う声と 足を組み替える動き」と続き、明るく楽しい雰囲気や軽快な動作が描かれています。

「ありがちな事だけど 君の目に よく似てる花束送ったね」という一文は、相手に対する観察や行動の共通点を指しています。この表現は、花束を贈ったことがありふれていることであると同時に、相手の目には特別に映るものであることを示唆しています。

この部分の歌詞から感じられる思いは、初期の興奮や魅力的な出会いに加えて、相手の独特な魅力や特別さへの認識が存在します。この段落は、恋愛や人間関係の始まりにおいて、相手の存在が特別であり、互いに引かれる要素があることを示唆しています。

常識がついて回る 古い世代に囲まれた どうしても抜け出せない二人はRomeo & Juliet はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞は、二人の関係が周囲の常識や古い世代の影響によって制約されていることを表現しています。一方で、それにもかかわらず二人はその束縛から抜け出せない状況にあることを、「Romeo & Juliet」という比喩で表現しています。

「常識がついて回る 古い世代に囲まれた」という一文は、周囲の人々が古い価値観や慣習にとらわれていることを示しています。これによって二人の関係が制約され、自由になれない状況が生まれていることが伝わります。

「どうしても抜け出せない二人はRomeo & Juliet」という一文は、ウィリアム・シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』に登場する二人の恋人を指しています。彼らは家族の因縁や社会の隔たりによって結ばれることができず、悲劇的な結末を迎えます。この比喩を用いることで、歌詞は二人の関係が困難で禁断的であることを強調しています。

この部分の歌詞から感じられる思いは、二人が古い価値観や制約に囚われていると同時に、その中で真実の愛や純粋な絆を求めていることが伝わってきます。彼らが抜け出せない状況にあることが苦悩や葛藤を引き起こし、物語の中でのロミオとジュリエットのような運命を感じさせます。

一人じゃ眠れない 君が言う 僕も同じだけれど 黙ってた はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞から感じられる思いは、孤独や寂しさ、そしてお互いへの依存や絆を表現しています。

「一人じゃ眠れない 君が言う」という一文は、主人公が相手に対して孤独を感じていることを示しています。相手が主人公に対して「一人じゃ眠れない」と言ったことから、お互いの存在がとても重要であり、互いに頼り合っていることが伝わります。

「僕も同じだけれど 黙ってた」という一文は、主人公自身も同じように孤独を感じているが、それを黙っていたことを表現しています。この部分からは、主人公が自分の感情を抱え込んでいたり、相手に対して素直になれなかったりしていることが伺えます。

この歌詞から感じられる思いは、お互いに寄り添いたいという願望や、相手の存在が自分にとって不可欠であることを示しています。相手が主人公の寂しさを理解し、主人公自身も同じような気持ちを抱えているが、それを伝えることができなかったという葛藤や切なさが描かれています。

明日、風はやむからと 違う話を切り出して壊してる はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞から感じられる思いは、不安や逃避、そして関係の崩壊を表現しています。

「明日、風はやむからと 違う話を切り出して壊してる」という一文は、主人公が不安や心配を感じつつも、それを避けるために別の話題を持ち出して、関係を壊してしまっていることを示しています。

「明日、風はやむからと」というフレーズは、将来の不安や問題から逃げるような言葉として使われています。主人公が何か困難なことに直面している場合に、それを避けるために風がやむことを願っているような表現です。

この歌詞から感じられる思いは、主人公が関係の崩壊や不安な状況に直面しているが、それを避けてしまっていることを表現しています。不安や問題を直視することを避け、現実から逃げてしまっている様子が描かれています。この行動には、脆さや不安定さ、そして関係の危うさが感じられます。

終りの来ない夜に君は一人怯えてる 怖いほど安らいだ君の素顔見られたら はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞から感じられる思いは、孤独や恐怖、そして安心や素直な感情を表現しています。

「終りの来ない夜に君は一人怯えてる」という一文は、主人公が相手が孤独や不安を感じていることを理解していることを示しています。相手が終わりの見えない長い夜に直面しており、それに対して恐怖心を抱いている様子が描かれています。

「怖いほど安らいだ君の素顔見られたら」という一文は、相手が安心して素の姿を見せることができたらどんなに幸せだろうという思いを表現しています。相手が恐怖心から解放され、本当の自分を見せることができる状況を主人公は望んでいます。

この歌詞から感じられる思いは、主人公が相手の孤独や恐怖を受け止め、その中で相手の素直な感情や安心感を願っていることが伝わります。主人公は相手の苦悩に共感し、安心感や真のつながりを求めている様子が描かれています。また、歌詞からは相手の内面の複雑な感情や葛藤が浮かび上がり、その中での安心感の重要性が強調されています。

時に君を惑わす事 起きる予感しているけど なぜだろうそんな風に疑えない はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞から感じられる思いは、相手への信頼や疑問、そして感情の葛藤を表現しています。

「時に君を惑わす事 起きる予感しているけど」という一文は、主人公が相手が時折混乱や疑念を抱くことを予感していることを示しています。主人公は相手の行動や言動に疑問を感じる瞬間があることを予測しており、それが関係に影響を与えることを予感しています。

「なぜだろうそんな風に疑えない」という一文は、主人公がなぜか相手に対して疑いを持てないでいることを表現しています。主人公は相手への信頼や愛情があるため、疑念を抱くことができず、葛藤を抱えながらも相手を信じていることが伝わります。

この歌詞から感じられる思いは、主人公が相手に対して複雑な感情を抱いていることが伝わります。一方で、主人公は相手に対して強い絆や信頼を感じており、疑念を持ちながらもそれを乗り越えようとしている様子が描かれています。この部分は、人間関係の中での葛藤や信頼の重要性を表現しています。

僕が抱える問題に 何も感じてないそぶりしてくれたね 悲しいくらいの優しさに 答えを想いを集めては壊してる はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞から感じられる思いは、寂しさや複雑な感情、そして相手への思いやりを表現しています。

「僕が抱える問題に 何も感じてないそぶりしてくれたね」という一文は、主人公が自分の抱える問題や悩みについて相手が何も感じていないように振る舞ってくれたことを表現しています。相手は主人公の問題に対して無関心な態度を見せているように思えます。

「悲しいくらいの優しさに 答えを想いを集めては壊してる」という一文は、相手が主人公に対して非常に優しい態度を示しているが、その優しさが主人公の答えや思いを混乱させ、壊してしまっていることを表現しています。相手の優しさがあまりにも悲しいほどであり、それによって主人公の心が揺れ動いている様子が描かれています。

この歌詞から感じられる思いは、主人公が自身の問題や悩みを抱えながらも、相手に対して思いやりを持ち、彼らの優しさに触れることで複雑な感情を抱いていることが伝わります。相手が無関心な態度を取ることに対して寂しさを感じつつも、相手の優しさに触れることで内なる葛藤が生まれ、心が揺れ動いている様子が描かれています。

終りの来ない夜に 君はそっと迷ってる 悪い夢から覚めた 夢だろうか眠れない はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞から感じられる思いは、迷いや不安、そして現実と夢の境界の曖昧さを表現しています。

「終りの来ない夜に 君はそっと迷ってる」という一文は、主人公が相手が終わりの見えない夜の中で迷いを感じていることを表現しています。相手が何かに悩んでいる様子が描かれています。

「悪い夢から覚めた 夢だろうか眠れない」という一文は、相手が悪い夢から目覚めた後、現実と夢の区別がつかず、眠れない状態にあることを表現しています。相手が現実と夢の間で揺れ動き、現実の出来事や感情と夢の世界が重なっている様子が描かれています。

この歌詞から感じられる思いは、相手が迷いや不安に満ちた状態にあることが伝わります。終わりの見えない夜の中で迷い、現実と夢の境界が曖昧になっていることで安定感や安心感を失っている様子が描かれています。この部分は、相手が心の中で葛藤し、迷いながらも現実と向き合おうとしている姿を描いています。

解けるはずないLabyrinth 僕に何が出来るだろう? 今この声よ届け やっと言えた「愛してる」 はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞から感じられる思いは、絶望や希望、そして愛の告白を表現しています。

「解けるはずないLabyrinth 僕に何が出来るだろう?」という一文は、主人公が解ける見込みのない迷宮に迷い込んでしまった状況を表現しています。主人公は自身が何をすることができるのかを疑問視しています。

「今この声よ届け やっと言えた『愛してる』」という一文は、主人公が今この瞬間に相手に向けて「愛してる」という言葉を伝えることができたことを表現しています。主人公は自身の思いを言葉に乗せて相手に届けようとしています。

この歌詞から感じられる思いは、主人公が迷い込んだ迷宮の中で絶望感を抱きながらも、相手に向けての愛の告白に希望を見出していることが伝わります。主人公は自身の行動や言葉を通じて、相手に自分の愛情を伝えようとしています。この部分は、困難な状況に立ち向かいながらも愛を貫こうとする主人公の強い意志や決意が描かれています。

この歌が聞こえている 君に全てさらけ出すよ なぜか君にだけは心 許せるから はどういう思いだと感じますか?

この部分の歌詞から感じられる思いは、心の内を打ち明ける勇気と、相手への特別な信頼と親密さを表現しています。

「この歌が聞こえている 君に全てさらけ出すよ」という一文は、主人公がこの歌を通じて自分の本音や感情を相手に全て明かすことを表現しています。主人公は歌の力を借りて、自身の内面を包み隠さず相手に伝える覚悟を持っています。

「なぜか君にだけは心 許せるから」という一文は、主人公がなぜか相手だけに自分の心を託すことができるのかを表現しています。相手に対して特別な信頼や親密さを感じており、そのために自分の本当の感情を打ち明けることができるのです。

この歌詞から感じられる思いは、主人公が相手に対して特別な絆や信頼を感じており、その人にだけ自分の心を開放できるという喜びや安心感を表現しています。主人公は他の人には言えないような本音や感情を相手に明かすことで、お互いの関係が深まっていくことを望んでいます。この部分は、相手との特別な絆や心の交流を強調しており、主人公の真摯な思いが伝わってきます。

おわり

AIによる歌詞の考察とあなたが思う考察にどれぐらい相違がありましたか?

歌詞の考察は作者の意図や思惑とかけ離れている可能性があります。あくまでエンターテインメントな読み物としてご覧ください。意味が分からない部分もそのまま載せています。
・【PR】この記事には広告が表示されます。