1. ホーム
  2. sads
  3. 【sadsとは?】清春さんがボーカルをしていたSADS〈sads/サッズ〉とは?
あなた
あなた

SADSって?

運営者Akira
運営者Akira

Akiraです。1997年から清春さんが好きで現在も好きが続いています。SADSの読み方は”サッズ”です。SADS(sads/サッズ)の事を書きたいと思います。

ということで、清春さんを知って調べたらSADS (sads/サッズ) って出るけど何?っていう方への記事です。

SADS(sads/サッズ)とは?

SADS(sads/サッズ)とは?
  • 清春さんの二つ目のバンド
  • バンド名の由来
  • メンバー

清春さんの二つ目のバンド

1999年1月29日に黒夢を活動休止、その後1999年4月に結成された清春氏2つ目のバンド。1999年7月7日に【TOKYO】でデビュー。2003年に1度活動休止。2010年に活動再開し2018年に再び活動休止。2021年8月時点で活動は再開されていない。

バンド名の由来

サディズムや当時清春氏がやっていたアクセサリーのブランド名からつけられた。

メンバー

  • ボーカル 清春(1999~2003/2010~2018)
  • ギター 坂下たけとも(1999~2003)→K-A-Z(2010~2018)
  • ベース 田沼徹浩(1999)→小林勝(2000~2003)→クボタケイスケ(2010~2016)→YUTARO(2017~2018)
  • ドラムス 牟田昌広(1999~2001)→満園英二(2001~2003)→GO(2010~2018)

経歴/出来事

経歴や出来事

1999年4月1日

1999年4月1日に結成。メンバーは清春(ボーカル)坂下たけとも(ギター)田沼徹浩 (ベース) 牟田昌広 (ドラムス)

1999年5月30日~6月

デビュー前にイギリスに17日間滞在。地元のバンド〈SYNPOSIUM(シンポジウム)〉のオープニングアクターとして4ヵ所でライブ、NHK衛星放送の10周年記念番組『AROUND THE WORLD 第2部』にロンドンから生出演やMVやアルバムジャケット写真の撮影。ツアー終了後 田沼徹浩 (ベース) は体力的な問題から脱退。

1999年7月7日

1999年7月7日に【TOKYO】でデビュー。

1999年7月26日~8月

全国6会場でライブ” DEMONSTRATION CLUB GIG” 。UKツアー後脱退した 田沼徹浩 (ベース) の代わりはサポートメンバーでライブを行っている。

1999年9月22日

サッズのファーストアルバム【SAD BLOOD ROCK’N’ROLL】リリース。

2000年4月12日

忘却の空】【ストロベリー】を同時リリース。忘却の空はTBS系ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』の主題歌。当時ドラマの人気もすごく、現在でも忘却の空は知っているという方は存在する。清春氏の代表曲と言える。

2000年6月7日

セカンドアルバム【BABYLON】リリース。 ファーストアルバム【SAD BLOOD ROCK’N’ROLL】 のパンクロックからダークな雰囲気に変わる。

2000年8月~12月

TOUR “00 BATTLE ROCKERS PART Ⅱ~WELCOME TO MY BABYLON~ツアーを50公演を行う。後にこの公演で使用したライブのセット費用や人件費などで5000万円の赤字になったと語られている。

2000年12月7日

Conclusion of my BABYLON “The Revenge”大阪城ホールのライブで小林勝(ベース)が正式に加入。

2001年3月1日

牟田昌広 (ドラムス) 脱退。理由はバンド活動に対する考えや技術面。清春氏は『たけちゃん(坂下たけとも)と 小林くん(小林勝)牟田くんと合ってなかったと思う』と語っている。

2001年4月1日

満園英二(ドラムス)加入。元々黒夢のサポートメンバーだった。

2001年6月1日

東芝EMIからBMGファンハウスへ移籍。移籍の理由はサッズの3年目に対する提示金額の違い。

2001年8月29日

3rdアルバム【THE ROSE GOD GAVE ME】リリース。このアルバムの制作は相当苦労をしたと語られている。英語の文法、英語の発音チェック、満園英二のドラムレコーディング。LAで有名なエンジニアにレコーディングのミックスダウンをしてもらうが思ったものと違う仕上がりになり別のエンジニアに新たにしてもらったために数千万円の損失。

2001年9月~12月

ホール中心のツアーSads Tour 2001 “THE STAR STRIP”を行う。ツアーファイナルでsads史上初の日本武道館公。当時CDの売れ行きが思ったほど伸びない中で『客、入んのかな⁉』と心配していたと語られている。

2002年4月~12月

131公演という凄まじい本数のライブとなったSADS TOUR GOOD-BAY 2002!! “BEAUTIFUL DAYS” FOR HEAVY PETTING。このツアー開始と同時に自主制作盤❝ ❞【untitled】をライブ会場限定で販売。アルバム制作途中で所属していたBMGファンハウスを離れたため自主制作アルバムとなった。またこのツアーで坂下たけとも(ギター)が鬱になったり満園英二(ドラムス)が泥酔して腕枕をしたまま眠ってしまい〈左腕橈骨神経麻痺〉になり長期離脱、そして清春もライブ中に照明器具が倒れ顔にあたるハプニング、ライブやオーディエンスに対する不満も重なりドラムセットに叫びながら倒れこんでライブ続行不可能となった場面もあり問題や課題があったツアーとなった。

2003年1月

ユニバーサルミュージックに移籍。

2003年3月26日

アルバム【13】リリース。ユニバーサルミュージックとの契約で、3月中にはアルバムをリリースする事が決まっていたのと自主制作アルバム❝ ❞【untitled】の制作に費用を使っていたため【13】の制作費にあまり使えないという事情から 自主制作アルバム❝ ❞【untitled】 の収録曲を【13】にも収録。またレコーディング中に満園英二(ドラムス)は離脱。

2003年5月~6月

SADS TOUR 2003 『13』-Thirteen-の13公演が清春、坂下たけとも、小林勝での最後のライブとなった。

2003年7月以降

ベストアルバム、LIVE DVDの発売はされたが特に公式な発表もなく自然消滅の形で活動停止となる。清春はソロ活動へ。他のメンバーは別のバンドに加入した事によりsads脱退となった。

再始動

再始動

2010年1月29日

サッズを再始動すると告知。メンバーは清春(ボーカル)K-A-Z(ギター)クボタケイスケ(ベース) GO(ドラムス)と清春を除いて新メンバー。再始動した理由は大変仲の良かった”東條雅人”さんの死である。K-A-Z、GOの2人は2009年1月29日に行われた黒夢解散ライブでサポートメンバーとして参加。クボタケイスケは清春のソロ活動に参加していた。

2010年5月1日

自然消滅の形で活動休止して7年後。再始動1発目のライブ【ゴシックサーカス】を日本武道館で公演。

過去は「忘却の空」へ

ヘヴィネスが塗り替えた再生の一夜

FOOL’S MATE JULY 2010

2010年5月24日~5月25日

FC「VIP」限定で恵比寿リキッドルームと新宿ロフトで一夜で2回のライブ。

2010年7月7日

7年振りに7作目のアルバム【THE 7DEADLY SINS】のリリース。キーワードに”音殺“と使用されるほど音楽はヘヴィに。

2010年7月23日~7月28日

サッズ Zepp TOUR 2010 『VENOM』大阪、仙台、名古屋で公演。後に楽しかったけど3本しかライブがなかったので足りなかったとインタビューで答えている。

2010年8月21日

幕張メッセ国際展示場4-6で開催されたJACK IN THE BOX 2010 SUMMERに出演。

2010年9月19日

滋賀県草津市 烏丸半島芝生広場(滋賀県立琵琶湖博物館西隣 多目的広場)で開催されたイナズマロックフェス 2010に出演。主催者は西川貴教氏で清春氏とは親交が深い。清春氏は「『イナズマロックフェス』をブラックホールにするのが僕らの役割」と語っている。

2010年9月30日

EVERLASTING THRUTH❞と題されて岡山CRAZYMAMA KINGDOMでライブが行われた。岡山は清春氏と深い親交があった東條雅人氏の故郷である。亡くなった東條雅人氏に捧げる為のライブ。

2010年11月~12月

2010年11月10日に再始動後初のシングル【DISCO】をリリース。11月11日から12月6日までSads tour 『ANDROGYNY INSANITY』をおこなう。12月8日にアルバム【LESSON 2】をリリース。タイトルはこのアルバムが”2時間目の授業”という意味が込められている。

2011年7月

「MAD JULY DOLLS」と題されて東名阪(東京、名古屋、大阪)でライブ。

2011年9月~10月

9月10日から10月28日までTOUR 『EXTREAM MAD MAN』を開催。10月22日幕張メッセ国際展示場9.10.11ホールで行われた『HALLOWEEN PARTY 2011』に出演。ハロウィンということでメンバーは仮装をしてライブを行っている。
・清春 銀河鉄道999のメーテル
・K-A-Z 映画「ダークナイト」のジョーカー
・クボタケイスケ KISSメイク
・GO 映画「13日の金曜日」のジェイソン

2011年12月18日

12月18日新木場STUDIO COASTでMTVのBoo氏が企画の「Boo Xmas 11」に出演。

2012年7月

『MAD JULY DOLLS』2011年に続き同タイトル。

2012年8月12日

国立代々木競技場第一体育館で行われたエイベックス主催の『ROCK NATION』に出演。

2013年7月

『MAD JULY DOLLS』2011年、2012年に続き3度目の同タイトル。

2013年8月13日

『LIQUID ROOM 9TH ANNIVERSARY presents』に出演。

2013年10月31日

代官山UNITで『evils halloween』公演。

2014年5月5日

Justin Davis Presents Sads Live 『Jewel Loves Rock Star』を開催。 Justin Davis は清春氏の愛用のアクセサリーブランド。

Justin Davisとは?

JUSTIN DAVISは単なるロック、単なるラグジュアリーではありません。

安易にできないデザイン性を秘め、ブランドの持つオリジナリティと独創性を武器に、唯一無二の世界観を確立しています。決して軸をぶらすことなく、斬新で刺激的なコレクションを展開。ブランドを象徴するCROWNは、今もなお多くの人々に愛され続けています。

JUSTIN DAVIS Jewels

2014年6月~7月

short circuit『Evil 7 playground』を開催。開催期間中(6月14日~7月7日)、ライブ会場限定でシングル【spin】とセルフカバーアルバム【erosion】を販売。オークションに出品されていたので出品または落札購入しないよう告知があった。ショートサーキット最終日の7月7日にサッズデビュー15周年を迎える。

2014年10月31日

新宿BLAZEで『evils halloween Ⅱ』開催。メンバーも観客も仮装。
・清春 銀河鉄道999のメーテル
・K-A-Z 映画『ザ・クロウ』の主人公
・クボタケイスケ アリス・クーパー
・GO スカルメイク

2014年11月27日

水戸 LIGHTHOUSEで『mito LIGHT HOUSE 25th anniversary~祝盃~』に出演。

2015年2月19日

日本武道館で行われた”VAMPARK FES-DAY2-“に出演。VAMPS主宰のロック・フェス。HYDE氏とは黒夢デビュー前から親交がある。

2015年4月12日

『MAYHEM』EX TEATER ROPPONGIで公演。

2015年5月2日

新木場STUDIO COASTで行われた、LOUD∞OUT FEST 2015に出演。

2015年6月~7月

short circuit『midst of mayhem』を開催。このツアー限定でミュージックビデオシングルという形態で【May I Stay/Light of Life】をライブ会場限定で販売。

2015年8月~9月

8月25日渋谷 CLUB QUATTRO 9月29日UMEDA AKASOで『FOR BITCHES』females onlyを開催。
9月30日赤坂BLITZ『lynch.presents「THE VERSUS」feat.sads』に出演。lynch.の葉月氏(ボーカル)は清春氏の歌う姿に衝撃を受けて歌手を目指したと語っている。

2015年10月24日

品川ステラボールで『evils halloween Ⅲ』を公演。仮装をした観客を対象に仮装コンテストを実施、公演後に選ばれた観客はメンバーと写真撮影。ライブでのメンバーの仮装は
・清春 悪魔の花嫁→吸血鬼
・K-A-Z GO クボタケイスケ→スカルメイク

2016年5月27日

TSUTAYA O-EASTで女性限定ライブ『FOR BITCHES』開催。

2016年6月24日

新宿BLAZEで男性限定ライブ『STAG PARTY』開催。

2016年7月~8月

7月7日から8月14日までツアー『IN AN ECSTACY』を開催。

2016年10月30日

Zepp DiverCityで『evils halloween birthday』を開催。オープニングアクトはMERRY。ライブ途中に清春のplugless演奏も披露している。仮装もされていたということだが情報が少なく定かではないがSNS上の情報では
・清春 はいからさん
・K-A-Z 将校
・クボタケイスケ 浪人
・GO MAD MAX

2017年4月

ベースにYUTAROが加入。クボタケイスケは脱退(クビ?)清春はクボタケイスケに対して不満をもっていた事を語っている。YUTAROは元ゼリーのメンバーであり、清春がプロデュースしたバンド。
加入するきっかけはゼリー活動時以来10数年ぶりにたまたま清春とYUTAROが再会しそこから清春がYUTAROに『sadsやる?』というながれで加入。YUTAROも相当清春がの事を好きだという。
4月15日幕張メッセ国際展示場9~11ホールで行われた【ザ グレートロックンロール関ヶ原2017】のステージ上で加入を発表されている。

4月16日 Zepp Diver City Tokyoで行われた”R JAM ’17 presents by RUIDO 45th ANNIVERSARY”に出演。
いつごろからかsadsの表記に”SXXX“が使用されるようになる。

2017年7月

『try out a new blade』を開催。名古屋、東京、大阪でライブ公演。

2017年10月

『try out a new blade』 の追加公演を10月7日赤坂BLITZで公演。10月27日幕張メッセ国際展示場9~11ホールでVAMPS主宰で開催された〈HALLOWEEN PARTY 2017〉に出演。sadsメンバーの仮装は
・清春 スウィーニートッドのラベット
・K-A-Z るろうに剣心の志々雄真実
・GO ワンピースのサー・クロコダイル
・YUTARO 東京喰種の金木研

2018年5月25日

名古屋ダイヤモンドホールで開催されたROTTENGRAFFTY “PLAY ALL AROUND JAPAN TOUR2018″に出演。

2018年6月~7月

6月1日~7月9日にかけて対バンツアー “SADS The reproduction 7th anniversary「EVIL77」VS 7days”を開催。


6月1日 東京ゲゲゲイ


6月9日 SUPER BEAVER


6月10日 a flood of circle


6月12日 LOUDNESS


6月15日 BiSH


6月23日 HER NAME IN BLOOD

7月9日 ミオヤマザキ

対バンツアーの最中にsadsの活動を2018年一杯で活動を休止すると発表。

2018年7月~11月

The reproduction 7th anniversary TOUR 『FALLING』開催。chapter1~chapter3にかけてラストツアーが行われた。ライブ会場とweb store限定盤アルバム『FALLING』リリース。10月24日に事実上最後のアルバム『FALLING』Ultimate Editionをリリース。

2018年12月

12月21日 にThe reproduction 7th anniversary TOUR 『FALLING』 の追加公演「too fast to die」を公演。12月22日に京都パルスプラザで開催されたROTTENGRAFFTY主催の〈ポルノ超特急2018-5TH ANNIVERSARY-〉に出演。2021年8月現在活動再開はされていないのでこれが最後のライブとなっている。

最後に

爆音で音殺!

清春氏の2つ目のバンドで結成当時から様々な変化をしたsads。いつか気が向いたからと活動再開してくれたら嬉しいです。しかし、この先活動が再開されない限りは今存在している音源や映像でしかsadsを感じることが出来ません。手に入るうちに音源や映像作品を手に入れて、爆音で頭振って体揺らして音殺されてください!
ここまで読んでいただきありがとうございます。

清春さんがボーカルをしていたもう一つのバンド【黒夢】はこちら